読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

素直な気持ちを言う

AGFみたいな一息をついたつもりだったんです。
そしたら妻が、うんざり的なため息と勘違いして怒りちらしてきました。
仕事から帰ってきたら一息もつくでしょう。まさか一息で怒られるなんて…。
女性は本当あからさまな感情が好きなんですよね。
愛してるだって気持ちでなくて言ってくれた方が嬉しい。
気を遣うなら仕草や行動よりも心配するような事を言葉にして言ってくれた方が嬉しいんです。
でも私は昭和の遺伝子がある親父だぞ。
親父でなくても男性なら大概言わなくても気持ちが伝わってると思ってます。ところがそれがそうじゃない。驚く程そうじゃないんです。
今回は女性が突然ぶち切れる理由について言及してみます。そうでもせんとどこにでもあるただの愚痴になってしまいますから。
…。

頭にくるな~。普段からすぐ不平不満にさらされてるだけに、たった一呼吸したぐらいで怒られるってのはなかなかどうして堪えるものです。
ところがどっこい女性は堪忍袋の尾が切れるが如く、徐々に徐々に不満が溜まっていくんです。
要するに私がため息的な一息をついたのは単に引き金であって直接の原因ではないということ。
表情に出なかったり言葉がなかったり男性諸君は不器用なんですね。素直ではありません。
そのような事を蓄積させるとドカンと爆発。根も葉もない言い掛かりや出来もしないこともしくは要求をしてきます。
それは全て本心ではありません。
しかし女性にとっては大きいジェスチャーをしないとわかってもらえない、何でわからないの?となって暴走してくる訳です。
暴走を止めるには、原因を理解して行動するのではなく、まずは言葉で伝えることです。謝罪を求めてる訳ではありません。気遣いを求めてます。
単純に省略すると、いちいち大丈夫か?こうした方がいいんじゃないの?等を要求してるのであって「うん」とか「そうだね」「ふーん」等の相づちを求めてません。それらは全て冷たい反応をされたと認識されてしまうんです。
その内にどかん。なんつってな。
…。
素っ気ない態度を取り続けない。
それが喧嘩に繋がらないようにするための秘訣かもそうでないかもしれない。
…。
それでも言わせてくれ。家族を愛してることに変わりはない。
素直な気持ちを言うように努力します。
いつも支えになってくれてありがとう。