どう楽しむか

素敵な発想

優しいと思われてる人のつぶやきになります

他部署から問題児を託される。
しかし、この問題児なるほど。
話を聞けば聞くほどお手上げ感が否めない。自分が何故異動になったのか理解していない。

会社の底辺に位置していれば居心地が悪いのは当たり前だ。
これは全ての新卒に申しておきます。
まして、いつまでも進歩なく居座れば風当たりが強くなる。必然です。
足を引っ張っている。同僚にも悪影響。それなりの給料ももらっているのに、言われた事しかできない。
なのに自分は懸命にやっていると勘違いしている。
おまけにメンタルも弱い。
気にし過ぎと数多の人間から言われただろう。空気の読み方にマニュアルはないですから。
私は管理職にくれぐれもお願いされたため、ある程度探りました。

初っ端に実は他の会社に内定をもらったのだとか…。もうこの時点でうちの会社でのやる気がないと判断したいところですが、自分だったらという観点から話ました。
既に会社員なのに、大して知りもしない企業に転職するのは賭と変わらない。考え直せと。そして理論武装
自分が居心地が悪いと思ってる理由が必然である事を話しました。
そうですかね〜。
思った通り微妙な反応をされたので、取り繕うのが大変でした。
笑顔で怒りマーク浮かべてる。

自分のポジションどこまでも格上げて、それでも居心地悪かったら辞めれば良い。


周りの社員はつぶしにかかってるので、尚更やりにくい。


空気を読むには、自分に関わる全ての人間が『本音で話をできる立場』になる事なんですよ。
きっと、この問題児にはそれがわからない。
このままだと、大失態を冒して迷惑をかけそう。そうなると取り繕った私がエネルギーの無駄遣いにした形になってしまう。毎日働いてんだぞ?
社会じゃ、豆腐メンタルポンコツやろーに冷たいのは当たり前なんだけどな。
上司は責任のある仕事を任せたい奴を5万と欲しがってる。そのためにどうしたら良いか死に物狂いで考えてくれれば、誰かに相談する事なんか何一つない。

会社一、優しいという事になってる私が残念ながらそんな風に思ってます。
こっちの身になれ。
どれだけ言ってもわからんと思うが。

久々の週末を堪能しました

長男はパパと将棋を指したいと言い、次男はまた電車がいっぱいの所(鉄道博物館)行きたいと言っておりました。
コロナ影響により、ほぼ車内に入れずアトラクションは中止という中でお世辞にも、満喫できたとは言えない博物館で心はつかめたようです。
そもそも、約ひと月振りに朝からお父さんがいるというシチュエーションが子供達には良かった様です。くっそテンション高かった。
ただいま絶賛予約制だそうで、チケットを手に入れようとしたところ、午前中が既に埋まっていたので午後からとなりました。
これ、午前中がもったいないぞ、となりました。
ここのところ子供達が中古で購入したwiiスポーツの中のボーリングにはまっている事を思い出したので、初ラウンドワンであります。
子供ができるの?と思うかもしれませんが、ボーリングシューズはサイズもばっちりありました。おまけに子供用ボーリングの球は3歳児でも持ち上がる上に、ボーリング滑り台があります。
これで投げる事ができなくても、好きな角度で滑り台をセットしてボールを載せるだけ。
ちなみにスタッフさんが、ガーターレーンに入らないよう壁を出してくれるので、必ずピンが倒れます。
実際のところ、想像よりもボーリングが受けてしまったので、博物館が心配になりましたが、実物の迫力は想像を超えていました。駆け出して電車を堪能。電車の顔をまじまじと眺め、連結部分、車輪、ポイント、踏み切り等、端から端まで見ておりました。来て良かった。

またこれで怒涛の連勤が始まりますが、1日で驚く程成長する子供達を見てると、訳ないです。
子供と角換わりとかで戦えたら最高に面白そうだなー

手すき更新

大雨の予報で急遽、家族との一時プランがおじゃんになったので、鉄道博物館チケットをコンビニに歩きで暇なのでブログ更新。

環境変化に伴ってストレスが尽きないとは思いますが私は仕事を優先しません。
もちろん…多目的トイレはオムツ交換に優しいところだと思っています。

ここ数ヶ月、月末になって一気に加速するんです仕事の調子が。
先月より1日休み多いのに、今月の方が完全に稼げてる。

という感じで手身近ですが。

力を注ぐところ、明日のプラン考えます。

読み聞かせたくなる本

義母が送ってくれた絵本『どんなかんじかなあ』がすごい。

 

いや、今の私の子供達の年齢にあってる…とは言い難い!

 

と、ちょっと松蔭寺風味に思いつつ、これ子供達に聞いて欲しいという以上に、私が何度でも読み聞かせたくなる本。


そして全ての大人が理解して欲しい1冊。
色んな人と接して、分け隔てない。
人の気持ちになって考える。
人の気持ちを知る。
この力が現代に足りないと思います。


一つでも多くの気持ちに出会い、知り、助け合う。その繰り返しで生きてく協力者はできないでしょうか?

 

どんなかんじかなあ

 

いっぱい出会って感じて欲しい

もう子供に相手してもらってる

親になって子供もどんどん成長して、感慨深い事が増えました。
まーず、私があまりにも将棋アプリにふけってるので、妻が将棋盤を買ってきましてね。
まだ3歳とか5歳の子と将棋を指すことになりました。もう内容云々じゃなくて、ルールがどうとかじゃなくて、
私が子供達に相手をしてもらってる。


これからどんどんこういう事が増えてくるだろうなー。
最終的に子供が成人して酒を飲み交わすところまで言ったら親としてはもうそれだけで最高なんだと思います。

スネかじりとか関係ない。子供の世話を親として全力で行う事自体が貴重な体験。
子供達にとっては、いつの時代も育ててくれてありがとうかもしれない。でも親からしたって、こんな幸せに思うことはあろうか?

独身時代は自身だけの考えしかない。
家庭を持ったら?私の場合は4人分の考えがある。
何かを追求する時も、悩む時も、いついかなる時も…。
自分の意見が通らず、黙れ!と思うことはありません。総出で1つの答えを出して生きてく。それはとても特別な気持ちです。

現段階で子供達に恩返ししたくても仕切れないだろうなというくらい。

親としての責任を果たす事が最低条件。

 


仕事に戻ります

最近のアイマスクと現況

コロナ不景気自粛それらに夏の様相が加わって、世の中が殺伐としてる。
暑くて歩く人歩く人、皆マスクちゃんと付けてねーしな?
皆さんはどうお過ごしでしょうか。
…。
普段の日常に戻りつつあるとはいえ…ウィルスが流行した後で教訓を生かさないといけないと思います。自粛から開放されて、またすぐ三密はいかがかと思う風景を目にするようになりました。

暑さから息苦しさが露骨になりましたもんね。
気持ちはわからなくもないですけど、もはやマスクは自分のためというより大切な人のために付けましょう。

そういえば、ここ最近公園の木陰で寝そべってたら想像を越える気持ちよさだったんですけど、日射しが眩しくて、眉をひそめていたら名案を思いつきました。
付けている布マスクで目から口まで隠してみたんですよ。
少し大きめに作られているのでアイマスク兼用になりました(笑)
しかも布なので、付け心地も良いです。
今時のアイマスク。


私の会社が未知のウィルスの影響を受け始めたのは4月末からです。本業が減給しました。名目上、ソーシャルディスタンスということで交代制です。出勤の日ですら時短。どうやって食えというレベルに到達してしまった感じですね。同僚が仰ってました。当然あからさまに不貞腐れて仕事をサボる者まで出てきましてね。

同じ給料もらってるのが許せないんですよ。

という会話を耳にして、副業を何気ない顔でしている私は、同意できずにいます。

副業補填で、むしろ利益出てますから。
もっというと、普段より休みも時間も増えました。
この状況でも、うまく波に乗れてると思います。

うちの職場、現状がゆるゆる続きそうなので、今の内に稼ぎまくるつもりです。

不況の波に乗っかる事はない。逆手に取って行きます。


6月に来る予定の手当て、税金共にやってきましたよ。
固定資産税は相変わらずです。たっけー。
住民税はダブルワーク鬼門のダブル支払いでございます。副業の収入が前年よりも大幅に増えた影響で、こちらは固定税よりずっと値上がりしました(苦笑。
生活に安定をもたらすために、現金給付で帳尻をはかる家庭は多いと思います。
申請してから最低2週間かよ。
子供達が赤ちゃんだった時に、しばし赤字が続いた影響で給付金がほぼ相殺状態です。大きくなる前に温存しなければという思いとは裏腹に、家庭は想定通りいかないことだらけです。


 

最近の話題から考えさせられる事

最近、誹謗中傷の話題多いな。


普段人は面と向かって話してる時は言葉を選んで話すけど、ネット上では好き勝手に多量の悪口が飛び交う。


でも、これって結局本音というか。


岡村の風俗発言もそうだけど、少なからず同じ事を思ってる奴はいるので、いちいち真に受けててもきりがないし、世間知らな過ぎる。
公にして言う事ではないかも知れないけど、そこはわきまえた方が良い。

 

優しく育てられていた、あるいは誰かの助けがあった暮らしから飛び出した時、他人の言葉で簡単に萎縮してしまう。
何気ない行動が冷たく見えてしまう。
優しささえも取り違えてしまう。


正しい判断をするには?
自信を持つしかないと思います。


何事も中途半端で努力したものが少ない人生であれば、大舞台に立っても本領発揮できない。それは緊張するから。
緊張をなくす唯一の手段って努力なんではないかな。
報われた量で人は1つも2つも強くなれる。
他人の言葉を受け入れる度量と懐の広さを得る。


そういう事考えてると、子供にスマホはかなり怖い。私なら自分が働いて自分で買えと言いたいレベルだ。色々と難しい。


6月だ!もう半年経った。
5月の結果はこれからわかりますが、恐らくは本業の減給があったにもかかわらず、副業補填で若干の黒字です。

誰がどうのこうの文句言ってきたとしても、自然にはかなわないとしても、きっと想定して準備はできる。
本番が始まったらアドリブはいくらでもきく。準備さえできていれば。

 

誹謗中傷も自分の受け方次第でアドバイスというフリガナに変える事ができる。
世間一般の強メンタルというのは、普通に生きてたら面倒なので、そういう準備を自然ととったまでなんだと思います。

私は子供達にそういう振る舞いをうまく教える事ができるか悩み続けてます。