読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

離婚理由ベスト3にいちゃもんつけとく

価値観の違い、人生観の違い、性格の不一致がベスト3なんだそうですね。
離婚。そーかー。
こんなこというカップルは…。結婚そのものが向いてないんじゃないでしょうか?
価値観、人生観、性格が一致するやつなんているの?
いたとしてどんなメリットがあるんですか?
考えることもやることも一緒。
つまんねーの。
私ならそれこそ別れるね。
好きな食べ物を毎日食ったら、飽きるのと同じ。
意味わかんねーを解決するから面白い。
確かに喧嘩はしますよ。毎回修羅場かもしれません(笑)
でも別に嫌気ささない。飽きない。
むしろ毎度、異なる観点の意見を聞けて興味深い。
今まで自分が知らない事を教えられる感じ。
これまで欠点だった事がパートナーの存在で大きく変わり、何でも得意の様相です。
それが私が妻を離さない理由。彼女と生きてる間に価値観とか合う日は来ないと思います。だけど、それで良いしそれが良い。ずっと言い争って乗り越えて強く生きる。
それが何より楽しい。

 

 

自分だけの選択肢

自殺の多い時期なんですってね。
そりゃ知りませんでした。
この状況が耐えられない!よし死のう。
そういう選択肢が頭の中をよぎる世の中になってしまったんですね。その事実が一番の問題。無責任ですし。
私が子供の頃は、どんな窮地に立っても死を思い浮かべたことは微塵もありませんでした。
学生生活で唯一友人が冗談で死にたいとか言ってたことはありましたが、それは
あくまで冗談の域。
何もかも真に受けてしまうのは、ちょっと他人と話をしなすぎ。バイト等社会勉強すれば誰でも身につくことなので少し自分は、話がわからなすぎるなーと思うならお金のためではなく、自分強化のためにやった方が良い。

学生生活のいじめ問題のことで、逃げてもいいと言う人は無責任だとかなんだとか挙がってんなー。
日本人はミーハー過ぎ。他人の影響を受けるのは全く構わない。でも自分は自分です。
自分に自身がないと影響を受けやすいので、とにかく強くなりましょう。

逃げなさい!

その前に逃げるって何だ?って話なんですけど。漠然としすぎてよくわかりません。
ドラクエはたまに逃げることに成功するけど、本来は必ず逃げられないものです。


死のう、逃げよう。

そんな選択肢がある。
恐ろしい選択肢です。

選択肢というか選択しないという事もできますけど?
学生は何でも吸収してしまう時期。
良いことも悪いことも見境なく、多感です。
そこで何を学習すべきか?
それは、それだけ自分とは違う考え方をする人達がいるっていうこと。十人十色。
ならば自分しか考えつかない選択肢があったって良いんです。自殺ではないですよ?
我慢するのではなく、受け入れる。
1足す1は2なんて誰が決めた?
田んぼの田だって良いじゃない?

とりあえず学生はそこまでできれば上出来だと思います。受験に向けて教科を勉強するという仕事がありますし。

…。
では二番目の問題。それが

よし殺そう。

子供が計画的に人を殺めてしまう時代に。こんな恐ろしいことあるでしょうか。悪ふざけには何だかんだ限度がありました。それが今はない。

押しつけがましくても生きてます。

ボコボコにされても生きてます。

犯罪を犯しても生きてます。



殺すつもりはなかった。

ついカッとなってしまった。

記憶にない。

…。

人間は、どこかで安全装置が働いていて、意識なしに加減してしまうものなのですが…。歯止めが利かないというのはぞっとしますね。
善悪の区別がついてるかどうかに問題がありそう。受験には、ほとんど関係ありませんが道徳という教科である程度学べます。てか何より親の教育か。

…。
まとめます。
言うなれば10人の人間が同じ会社に就職しても、スタート地点が同じとは限らない。同じ能力を持っていても内面はわからないのです。
相手が自分の気持ちを理解してくれない!これは甘えです。
自分が相手の気持ちを察しないといけません。
自分を殺すとかぼやぼやしてる前に、やることが山程あります。
自分しか編み出せない選択肢を見つける訓練をしよう。
私は生涯終わりが来るまでその訓練で忙しい

視野を広げるために

4月だし多くの社員がキラキラしたスーツとオーラを醸し出して、わんさか横行する時期。
何より会う人会う人、笑えるくらい挨拶が素晴らしい。
良い話ではないが、これがわずか数ヵ月で挨拶も覇気もなくなる社員に生まれ変わる。悲しい現実です。
学生から社会人に生まれ変わるという現実を思い知った感じでしょうか。

新人当初は、休みが合ったら遊ぼうななんて約束をしてたって、そんな余力はないということに気づかされる訳です。

これ、何が楽しくて働いてるの?っていう。そんなこと考え出したら余計落ち込むので仕事に集中する。その結果、疲弊して休みの日は休むことしかできない。


…。
そこで、そんな新人達に楽しむ方法を教えたい。

それは立場をレベルアップすること。
平社員というのは、本当に世界が狭い。
長いこと平社員でいれば尚更の事、何もわからない癖に口だけ達者になってしまう。強く当たらなくなるのは、無駄と判断したからです。
間違ってもできるようになったと思わないでほしい。仕事ができるならレベルアップしている。とっくに。

怒られるのは期待されている証拠。
文句があるなら上から見おろしてほしい。気持ちがわかります。
高ければ高い程、展望が良く、真実を知ることができます。
新人が面白くない楽しくないのは、そこ。
悔しい思いを繰り返し繰り返し、原動力に変えて這い上がって下さい。

寝起きのコンディションを仕事モードにスイッチする手段


黒い企業でも何でもいいけど、毎日毎日遅くまで働いてると、朝起きた時のモチベーションがど低い。
おまけに、全ての人間に対する気遣いができない。いや、全くできない訳ではないのですが。他愛もない話に乗る気力が起きない。
おまけに覇気もない。
欠伸なら山程出ます(笑)
だからこそ失敗した時に怒りもすごいのでしょう。申し訳ないのですが、恐らくは私の身体が自然にその姿勢にさせてるのだと思います。自分のための省エネモード。

 


経験上、一度仕事のスイッチさえ入ってしまえば、どんな体調でも仕事できることはわかっているので、そこまで持っていくための方法を考えてみようと思います。

どんな姿勢で暮らしてたって、人間やってりゃボロが出る。
1日を通して疲労がどの程度加わるかなんて殆ど関係なくて
朝起きて家の外に出てしまえば、1日はどう転んでも上手くいったと私はそういう考え方をします。
そういう意図の元、寝起きのコンディションに全てを注ぎます。

私が思うに何といっても、

『睡眠時間の確保』

です。

この確保が難しくなるのは、結局のところ欲求負けです。

TVがみたいから。
 セックスがしたいから。
  何もない1日だったからこのまま眠れないとか。

そんな感じで寝るまでに、ストレスが残ってる状態が本当に良くない。
根源は睡眠時間。
とにかく休む。休むための手段として、気がかりを残さない。

上手くいくと、家を出た瞬間が1日で一番良い気分に包まれる。

なぜなら今日がうまくいったからなんです。

今年のこれまでの調子とこれからの調子

長男が話してる言葉がよくわからないのに「うんうんパパもそう思う」
と返したところ、実はそれを妻が聞いており「テキトーに返事しないでくれる?」
と言われた昨今ではありますが、皆さんはいかがお過ごしか。
実は、程よすぎるというか手抜き行動というのは、どこの誰が目撃してるかわかりませんからね。
とはいえ、毎日が戦い過ぎて手抜きもするわ!
あっという間に、フレッシュな季節がやってきましたけど、ヨシノさんの咲き乱れ具合はいまいちな感じです。
もう4月かよ。今年も終わりだな(笑)なんて早くも思ってまして、30過ぎた当たりから時の流れが尋常じゃなく早い。
今年の出だしは、とても大事な時期だったので、ばっちり働きました。
エイプリルな月も嘘だろ?って程働くことになってるので、今からGWの体力を残せるか心配になってきました。
GWウィークは遊ぶ予定と、端午の節句とかイベントが山盛りですからね。
ある意味今のうちに、その資金を貯めなければいけないし、かといって自分が遊ぶ体力も残さないといけない。
…。
家族の笑顔を見るのも大事だけど、私も楽しみながら仕事をします。
1日1日を大切に。
意外と寒い日あるし風邪には気をつけます。
どんな出来事があってどんな感情を爆発させるかそれは誰にもわからないけど、いかんなく発揮するなら健康第一

仕事の虫に悪い虫


仕事の虫をやると、たまの休みの過ごし方がわからなくなります。
私が遊ぶ気になるには、おそらく三日連続で休んだ次の日くらいからだろうなー。
まぁそれは現実問題無理なので、もうこのまま親父をまっとうするまで現状変わらず働き続けてそう(笑)

本日は、何度も経験してることなのですがとっても良くない仕事をしまして、好きなだけボロくそ言われてしまいました。本当にもう…。こればっかりは、私自身ももうやりようがない。
当たり前のことができない。
普通のことができない。
っばっかじゃねぇの!っていうことだそうなんです。
また私の反応も真に受けてない風に見えるから(無表情)より、逆撫でするようでして。
皆さま方が怒る以上に、実は心の中で誰よりも自分に怒ってます。

集中力のなさ、散漫になりやすさ、記憶力のなさは目を見張るものがあります。
おまけに真顔ですからね。
良くないですよ。それは解ってます。

この話題にゴールはないので終わらせますが、魂の叫びということで…。

距離感

前々からずっと気になっていたことがあります。
距離感が近い女性の事。

近!

思わずスウェーバックしてしまう程度に近い。息遣いすら感じられる。髪の香りも飛んでくる。油断し過ぎじゃないですか?
パーソナルスペース侵害と呼ぶことにします。
そう思われてるのは心外だ!という女性方。自然と近寄ってしまってるってこと?それとも適切な距離感だとでも?

苦手です(笑)

そういうときに限って愛想よく振る舞わないといけない立場の人だったりしますから。
私は普通に対応したいんだ。

話に集中する余り周囲が見えなくなる女性。
空気読め。
雰囲気を読み取らない、冗談が通じない、引き出しが少ない女性は、もう女性をやれって思います。

察して

 読み取り

  対応する。

そんな三原則を一言で言うなら

見抜け。

 

手先が器用とはまた違う。
その場に合わせた、広い対応力。
そういう器用さです。


距離感というより間合い。
間合いの詰め方は大事ですよ?

だって近いんだよ(苦笑)

こういうのって勉強して習うもんじゃないし、自然と覚えるもんだと思うのですがどうなんでしょうね。

とにかく人間は信用ならない生き物です。
何を秘めて生きてるのか、本人しか知りません。
天然なのか純粋なのか知りませんが、気をつけてほしい。