読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

平謝りに対しての切実なお願いです

上司に対する謝罪というものが何だかよくわかってない方々いるようですので少し触れてみます。

主に上司の叱責に対する返しが下手くそ過ぎる例として、

『ごにょごにょ、がたがた、つべこべでした。申し訳ございません』

申し訳ないというのは、申し訳がないことですよ?
ごちゃごちゃ言ってる部分がある時点で申し訳があるんですよ。
これでは上司の逆鱗にふれるだけです。

何に対して悪いのか解っていながら実行したと見なされ…。


わかってんならやれよ(怒


となるのが落ちなんですね。

例え落ち度がなかったとしても関係ありません。
平謝りとはそういうものです。
先輩、上司が突然牙をむくのは、どこも一緒です。
それらは、会社の秩序を守るためにもあります。
部下一人一人が責任を感じて仕事するため。
平謝りという簡単なことができないのに、上司や先輩を邪険に扱うのは間違ってます。
指示を出す側だって、嫌なやつをやりたくないんですよ?
それをわかってください。
よく考えてほしい。