読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

悩み事

イクメンという定義は曖昧ですよね。
ちなみに私は世間体で言うとイクメンだそうなんですよ。
だけど、私には微塵も理解できない。
はっきり言って、仕事に行ってる間の世話を省いて、たまに帰ってきてオムツ替えたりだとか風呂入れたり、遊びに連れたりするのって誰でもできることでしょう?
そんなことより、子供の気持ちを理解するためにグズった時、熱を出した時、間違いを正す時とか臨機応変な対応を求められても、ママ目線から見て安心していられるような状態を作り出せるパパの事をイクメンというのではでしょうか?
どっしり構え、時に雷を落とし、時にママからフォローさせることを忘れない。
基本的に嫌われ役に回るのはパパです。
愛の深さに気づくのは、社会に出て結婚して数年経ったくらいで良いと考えてます。
…。
外面の評価なんて所詮見かけだけ。
私自身も中身をしっかりしたいんですよ。ママ友の井戸端会議だの、ネットのランキングだのは、何の指標にもならない。


私は家族のためにパパ力をつけたい。
誇りになりたい。
精神的な支柱であり続けたい。
外面なんてどうでも良い。
私には父親としての能力というか根本的なものが欠けている。
それが何かは概ね理解してるつもりです。
今まで気にしないといけないことを気にしなすぎたようです。
そして、それが自分勝手であることに気づいたのも最近ですし。だからといって習慣化してしまった行いや意識というのは簡単に直らない。
見えてる優しさより、真からの優しさを目指してます。

…。
ここ最近、少し自信喪失気味なことがあって、例えば買い物を頼まれたら、リストがたった二つだけなのに、1つしか買ってこなかったり、物を元に戻せなかったりするんですよ。やばくないですか?イカれてる。
正直何をどうしていいのかわからないです。
気配りできてない訳ではない。ただ、突然スコーンって情報が飛ぶ。
後回しにすれば99%忘れてます。
そんな訳で教育する以前に、私は難題を解決しなければならない。
子供達にとって、ただの懸念材料でしかない。
少しずつでいいから、直していく。