読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

駄目なものは駄目を教える技術なんてない

技術なんてないけど、場数踏んで気づいたことならあります。

自分が疲れてたら駄目。
子供が眠かったら駄目。
グズってたら駄目。
何かに夢中になってる時は駄目。
根負けしたら駄目。

なんですよ。
そして、話をするときは面と向かって。
一切笑いは無し。言葉は伝わらなくても表情を読み取ることができるからです。
自分のやる気と子供の聞く気があれば伝わります。
怒りに任せるのは愚の骨頂。どつぼにはまる。
真剣に向き合うには、万全の姿勢で。
駄目を許してもいけない、許さなすぎてもいけない。その間がある。
自分の子供にあった間を探します。
子供が、鬼と化した親に対して聞く姿勢になれる環境作りをしたい。
今のままでは駄目だなー。
…。
今日は、仕事からパパにシフト。
動物園に行ってきました。
ゴールデンウィークも、真っ只中は混むと聞いていたので、先に行ってしまおうと。予感は的中して入場待ちは、ほぼ無し。動物も待ち時間無しで見放題。最高。定期的なおむつ替えと、体温チェック。日差し避け。ごはんのタイミング。電車の中のベビーカーにエレベーター。
障害が多い中で、この時期が良い理由は暑くない、寒くない、見頃の花が多い。
そして動物のぬいぐるみを購入したら、抱いたまま寝た。

パパ、ナイスプレー

パパの肩車最強説で随分疲労したけど妻のねぎらいと子供達の寝顔で癒されました。