読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

ムードメーカーを生かす

野球ネタという訳ではないですが、wbc小久保ジャパンの采配にいちゃもんつけてるノムさんが、このメンバーに松田はかかせないと言っておりました。
お通夜みたいなベンチだと。
要するにムードメーカーです。
川崎がいてくれれば尚良かった。

それは、さておき野球に関わらず集団でグループを構成して何かをする場合、やはりムードメーカーは一人欲しい。
しかしムードメーカーを生かすには、それを助長させるような働きをする人間も必要だと考えます。

ボケには突っ込みがいるように、おちゃらける人間に適した反応をする人間がいなければ、その力が半減してしまいますし、何ならなかったことにされてしまうんです。
せっかくのムードが台無しなんて良く言うように、周りが空気を読まなかったらあまり意味がないということです。
世の中には淡々と黙々と自分のできる仕事だけを陣取り、それ以外はフル無視。周りを見てないので機転が利かず、堂々と馬鹿馬鹿しい質問をします。
相手の怒りを買うことがわかりきっているというのに。
周りを見てないので、自分が見られていることに気づかない。
なので事後報告で『あ、やり忘れちゃった』
ばーか、白々しいを通り越して見え透いてんだよ。
チームワークというのは、こういうワンマンプレーで簡単に乱れてしまう。
個々の段取りを容易く崩壊させてしまいますし、悪循環材料としては最悪と言えます。

ムードメーカーは、ただふざけているわけではありません。空気を読まなくてはいけません。そのタイミングでおどけた理由は何?
とても単純なことなのですが、わざと直接言わない。
どうか馬鹿にしてると思わないでほしい。何なら尊重してすらいます。

全ての人間が最高の仕事を行えた瞬間の1日を味わってほしい。
それはそれは素晴らしいです。
そのためには、時に周りに合わせる事が必要不可欠です。
馬鹿馬鹿しい質問をする暇を使って仕事もできます。ストレスも発生しません。
仕事も片付きます。
いぇーい。

 

…。
それはそうと侍ジャパン。素晴らしい初戦でした。ただただ応援します。
日本をもっと盛り上げて。


…。
そうそう。
次男が風邪で寝つけず奮闘しておりました。
とーちゃん今日も仕事頑張ってくるかんね