読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

夫のって検索しただけで出てくる例のやつ

何だかはてなで、夫のちんぽが入らない系記事が多発してますね。
あまりに気になったので、本屋見に行ったんですよ。
そしたら、タイトルの割に表紙が飛び抜けて地味でした。
破壊力のある名前使うなら、デザインだって思わずレジで赤面して小銭が散らばる程度の震えるような画が欲しかったです。
海綿体に血液が循環して、膨張した象さんとか。
裏の価格をみて牛丼何杯食えんだよと思ってしまった程度の画ですよ。

そもそもは買う気だったんです。
要は感想と題して、ちんぽを連呼できるなんて、そげな面白いこともあまりないぞって思ったんです。
グリチルリチルちんぽ化ニウムとかちんぽオブザイヤーとかpptpとか書けたかも知れない訳です。

まぁそもそも、そういう態度で読むようなものではないのでしょうし、生まれてこのかた私は本を読めたことがない。頭がおかしいと思う。どういう構造してるかわかりませんが、内容が頭に入ってこないです。バカなんでしょうね。
本読みあさって、まともな頭あれば、こんなに家族に負担をかけなかっただろうな…。

私は今、休みをとらずに働いていますが、仕事と家族と自身の天秤が繊細すぎて、厳しい毎日を送ってます。
なのでなおさら、ちんぽで盛り上がる波に乗ろうと思ったんですよね。
でも値段と表紙をみて盛り下がってしまいました。
これから数年は、厳しい状況が続きそうです。
立派なちんぽじゃないけど、大黒柱として君臨したい。
私は基礎がなっていない。