読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

中立の立場

 

会社で暫し在籍をすると、どうやら私はどっち付かずの立場になってしまうようです。
上司の愚痴も同僚の愚痴も聞けてしまうということ。かといって私は仲介してあげる訳ではないんですが…。
双方の意見は食い違っているのか?
いいえ…むしろよく理解してました。
つまり愚痴とはいえ、その程度なんです。
気にしていない風を装ってる割りに、毎度毎度話を聞かされるこっちの身にはなってくれません。
私は、会社で派閥とかが存在するように互いと馬があわないからこの人とは、仕事したくないなとか、好き嫌いで仕事をするのが理解できません。
学校でも会社でも人との交流の場では、間違いなく嫌いな人、苦手な人、意見が合わない人と付き合うほど自分の人間性を育めるからです。基盤になると言っていいかもしれません。
基礎の基礎がしっかりしてなければ、チームワークもくそもないですから。

そういった人達の攻撃は、何のため?
自分を見つめる良いきっかけだし、自分を伸ばすチャンスです。
どの学校に転校しようが、会社に転職しようが、必ず合わない人がいます。
好きな人で構成されてる場所なんてありません。


相手の攻撃を理解し、調律を合わせることができず、絶対に受け付けられないと壁を作ることは、自分の成長のブレーキになってしまうと思います。

痛い所をついてくるし
いるだけでイライラするし
生理的に受け付けられないし
人間として嫌いだし…。

でもそれらを感じながら、それでいて避けていることは何にも変わらないし、いつまでもストレスの元なんです。

それに話し合いをしなければ、相手の気持ちなんてわかりません。間違った解釈をしてるかもしれません。
殻に閉じ籠らず、うまくやる方法を見つけましょう。
私ぁ疲れるよ。二倍愚痴聞かされるなんてとばっちりです。
名目の目標、疲れないことに引っ掛かりますから。

今年が始動します。
寒いしジョギングのような気持ちで行きます。