読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

ブラック企業で培った知識を逆利用する

 

転職していつの間にか4年目です。
本業は週休2日、年末だけぶっ通しも有り得るけど、ほぼ一年通して定時帰り。
福利厚生もしっかりしてるし、雰囲気も良い。問題は収入ですが、それを補うために自ら頼み込みました。
副業禁止の会社で、副業するよっていうのは並大抵の勇気ではありませんでしたよ(苦笑
おまけに、子供も小さいので仕事帰ってからが修羅場だったりします(笑)
一週間を通して夜泣きアラームに襲われる中、貴重な休みに働くことを申し出るということ。
ため息しかでません。

もちろん、同僚は何も知りませんので疲れきってるから気を遣えよとは言えません。

…がミスが増えましたからね(笑)

イライラしてると思います。
ただ、あえて利点を書き記しておくことにします。

・収入が増える

言わずもがな、二ヶ所から給料が振り込まれるということ。気持ちが違います。
疲労とストレスと税金を差し引いても、食っていけるのはありがたいことです。

・気晴らしになる

同じ仕事でもなければ、ジャンルも違うのでやる気が出ます。何よりアルバイトというのは無責任者。これに尽きる!


大変だ!!

がんばってね。お疲れ様~が通じてしまう。

・副業はブラック予備軍が良い

基本ブラック企業は、人手に飢えてます。従って猿でも猫でも何でもいいから頭数を揃えたいというのが念頭にあるんです。
なので、出勤するだけで喜ばれます。

何の何の!
そのかわり休んでないから頑張れませんよ~。

ちなみにバイト探すなら給料を見るより、早く帰れることが有り得ない仕事が良いですね。
基本給が悪くても残業で補えてしまうからです。
ただし、通勤費が出ないのでなるべく本業方面で近場を選びましょう。

毎日稼働してる以上、気持ちに余裕がなくなるのが一番いけないことなんです。
周りが見えない。気を遣えない。子供にイライラをぶつけてしまう。
余裕を作るため、とにかく工夫しましょう。携わる人間全ての身のこなしをみて、自分にとってふさわしい動きを見極めましょう。
寝起きがキツいですが(ただいま12勤目)、仕事モードになれば意外といけるものです。寝ぼけまなこのステータスが今の自分の体力だと思うのは錯覚ですので気にしなくて大丈夫です。

1日に複数個、仕事を掛け持つのは得策ではありません。
妻を労り、子供と遊んで夜泣きに備えるために、眠れるタイミングで集中して寝る必要があるためです。

何よりそのような生活ができたとしても、自己犠牲過ぎますから。自分が楽しくなかったら家族だって楽しくありません。
休まないという時点で、既にバランスを失ってる訳ですから、それを基礎とするなら、他はバランスよくする必要があります。やり過ぎてもやらな過ぎてもいけません。

育児に関しては、意固地にならず協力者に耳を傾けましょう。
ネットを検索しても良し、本を読んでも良し。正解は人それぞれですが、泣き止まなくて煮詰まってしまうことは、どの家庭でもあるので様々なアイディアを取り入れましょう。

やることやって、苦労をかけっぱなしの妻子には、飛びきりのプレゼントを考えないとな~。
とにかく今は、全く余裕がない。
今年半ばから始まった計画も来年は、大幅な年収アップにこぎ着けて躍進します。

 

 

 

 

 

明日も出勤かよ