読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

正念場と社会をひた走るついでに垣間見たお父さん達

 

働くことに重きを置きすぎてるかもしれません。というのも育児負担がほとんど妻にいってしまっているからです。
昼夜逆転している長男の体力と愛に夫婦揃って受け止めきれてないし、翻弄されてます。
わがままなのは親である我々の方で。グズって泣いてしまうのも無理ないんです。
妻にも無理をさせているとはわかっていても、出勤時に長男と玄関で手を振って見送ってくれて切なくても、構わず働きに出るのも何だか辛くて…。1日くらい休んでも良いんじゃないかって、
健康を害したら元も子もありませんし。
ただ、若い今だからできると思ってますし、将来のためにこれくらいのことができなくて一丁前の生活ができるかとも思ってます。後先考えて行動する力を重視すると、懐が甘くなりますね。何とも辛い正念場です。

 

…。

話は変わってクリスマスプレゼントにおもちゃ屋行ってきました。
あまりにもおもちゃがたくさんあって、目移りしてたんですが、途中トイレを模様。
向かって行くと、ピアノコーナーがあって思わずギョッとしました。
明らかに仕事帰りのパパさん達が、慣れない手つきで鍵盤を弾いてるんです。
目頭が熱くなりましたね。
スーツ姿で、目を瞑ったまま両手で鍵盤を弾いたりしてるんです。
ただ単に癒されにきたのかもしれません。
娘のプレゼントを選んでるのかもしれません。
いずれにしろ、泣きそうになりました。
あなた方に幸がなかったらこの社会なんてクソだなって思う訳です。
自分の世界に入って他を気にしないその姿は、私にとって格好良く映ってます。
また1つ頑張れる材料になりました。