読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

祝!次男坊


今はただ無事に産まれた次男を祝福します。長くて暗い険しい道を掻き分けるようにもがくように進んでまいりました。
その甲斐が今です。
私は絶賛育休中ですので、今のうちにまとめ書きでもしておきましょうか(とはいえ、長男を一人で見るのは、男手だけだとかなりしんどいので眠たくなるまで)

まずは、妻の強い要望が

お腹を切らないで産むこと。

病院を変えること。

長男は帝王切開で生まれましたが、
この二点を飲むために、素人判断で二人目は普通分娩(帝王切開からの普通分娩をvバックと言います)を希望した訳です。

長男の病院がVバックを推奨する病院ではなかったため、1から探すことに…。

見つけた病院は、ど偉い評価の高い病院。しかし、車で1時間前後と急を要する際に困る距離。
とりあえず、行くだけいってみることに…。

そしたら、なるほど。これは、ど偉いぞと。長男の病院とは比にならない程、でかい、きれい、対応が良い。
行く前は、どうするか決めかねると。
優柔不断になるだろうと予想していたのに、妻とここにしよう…とそう決めました。
この時点では、まだvバックができるかどうかはわかってません。

わざわざ遠い病院に来て、結局帝王切開だったら?時間とお金を余計にかけたら?
事実そういう頭はありました。
しかも、その病院は通院するために前金で10万入れる必要がありました。
引き返せないじゃん!
ええい!
私は、妻の意志を尊重する!(いや、本当は生きてる間に何度も話題に上がって、がみがみ言われたくない)

Vバックをしたいという要望で院長先生に見て貰ったのは、結構後半(臨月くらい)でした。

やってもいいよ。

ここまでいっても私はまだ半信半疑で。
できそうにないから切るね?
と言われる予定でした。

産まれるから来てくれという連絡と共に、病院に行ったら

おぎゃーおぎゃー

もう産まれてるー!

えー?という感じ。

随分苦労しました(過去形だけど、進行形です)。
喧嘩もしました。
さぁ、そんな不甲斐ないとーちゃんに、新たなチビ怪獣が…。


余談ですが、病室もホテルみたいでした。もう至れり尽くせり。
長男には悪いけど、次男坊は完全にvip待遇。

それだけじゃない!

出産費用も安かった…何てこった。
まぁ、妻の努力の賜物です(退院が出産してから3日後)
もう少し、ここのご飯が食べたい…。
という妻に
止めてくれ!ここは竜宮城だぞ?
と言ってやった。

もし三人目ができたら必ず通院すると思います。

という具合に、世間の皆さん。
病院は、よく選びましょう。一人目と一緒の方が安心かどうかは、行ってみなきゃわからないかもしれません。

それにしても大真面目に年収500万は最低でもないと…という気持ちです。
何て世知辛い世の中なんだ…。

更新が途絶えることがないように、駄目なとーちゃんでも生きていけると思って貰えるように頑張ります。