読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

余裕を持つということ

家庭をやりくりしていくことに翻弄されている私です。
結婚して子供できて生活がガラッと変わってしまいました。
20代なんて若かったし、帰って余力を残しておく必要がありませんから、それこそ強引に仕事やってました。
自分を食わすことはそれほど難しくありませんでした。
それが子供ができて役割分担して生活していくとなった時に必ず仲違いを起こすんですよね。
私が仕事育児、妻が家事育児。
そうなったときにお互いにやってることは全く違うし、価値観も沸点も違うんです。
それでも私も妻も自分以外の人間を養うという責任。重圧。将来。
等々考え出したら下ばかり向いてしまって、とてもやってられません。
でも、息子はいつでも元気で笑顔で笑わせてくれます。
もちろん心から笑っていたいし、いつもは怒らないことで妻と喧嘩したくはありません。
…。
ついこの間の出勤時に、左右も見ずにハイヒールを響かせながら盛大に信号無視をする女性をみました。
危険を侵してまで道路を横切る程の事ってなんでしょうね?
手元足元を疎かにする人がまともな大人だとは思いません。
家族にも周囲にも無責任な行いですし、そのような人が今の若者を悪く言うだけの立場にあるでしょうか?
だから私は、いつもの私でいられるように余裕くらい持ちたい。