読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

白鵬の例の大一番についてもう一度取り上げてみる


というのも、やはり日本。相撲の関心は半端ではないですね。
様々な意見を見た結果、試合後に白鵬が「決まるとは思わなかった」
と言ったことに集約されている気がします。
大一番の横綱同士の対決。ならば当然変化しようがあらゆる技を使って勝てないからこそ横綱白鵬は、むしろ日馬富士を尊重して変化してみたのでは?変化に対応した日馬富士がその後どうぶつかるかが見れれば十分魅せることができたのではないでしょうか?
今回はたまたま魅せる努力はしたけど、空振りしてしまった。負けた日馬富士が退場してしまった以上は、その蟠りをぶつける相手が白鵬しかいなくなってしまったという構図。横綱でもそういうことがあるというのは人間味があって面白いと思います。神事なんてきれいごと言ってますけどね。もう客が理解するしかない大一番だったのかもしれません。まさかそのタイミングでお客さんを楽しませられないなんて両横綱思ってもみなかったのでしょう。
色んなところで議論言及されていたので勉強になりました。