読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

自動ブレーキ義務化検討の話

政府は自動ブレーキ義務化を検討してるそうですね。
様々な議論が展開しているので言及してみます。

自動ブレーキのCMだけを見ると、本当によくできたシステムですよね。
自動ブレーキ搭載の車に乗ったことがないので知りませんでしたが、実はこの自動ブレーキ、車間が縮まったりすると軽度のブレーキや音で知らせるのみ。ブレーキを解除するためにはアクセルを全開にしないといけないということ。これは突然気を失ってアクセル全開、踏み間違えによる誤発進当たりには効果を得られるかもしれませんが、安全運転義務に違反するような運転等には効果があまりありません。
この義務化の流れは、政府と国交省がやり取りして高齢者や持病持ち、障害者、認知症のドライバー等の免許の可否をしっかり定めない内にニュースとして取り上げられているんです。

至って健康な人が安全確認をしないで事故に合った場合、ほぼブレーキを踏んで事故を防ごうと思うんですよね。
ひたすらごり押しで事故を減らしたいのはわかりますが、このまま進めていくなら義務化したらどう変わるかも考えてほしいです。

例えば、自動ブレーキが普及して一家に一台となったとしましょう。
免許取り立ての若者が集まり肝だめしと称して自動ブレーキを悪用したりすればどうなるでしょうか?そういう対策はとっているのでしょうか?
尊い命を失う話をしても現状、免許取り立てほやほやの学生が仲間と事故を起こして死ぬケースが後を絶ちません。

お前より俺の方がスピード出てたぜ

から

お前より俺の方が自動ブレーキの使い方がうまいぜ

とならないとは言い切れないでしょう。

宣伝の仕方も考えるべきです。自動ブレーキのCMは、各社面白いほど大事な注意点を最後の数秒、決して読みきれない小さい字で載せるのみになってます。
医薬品のCMを見習って使用上の注意をはっきり言うべきです。
車は凶器。命の尊さを知らしめるために、うちのシステムはすごい!という部分だけを目立たせるのはどうなのかなと思います。
…。
高齢者ドライバー(75才以上)の免許更新時に行われる講習予備検査というものの実態として、検査をするのが医者ではないということ。それで正しい判断ができるのでしょうか?
とりあえず受けとけば更新できそうな気がしてなりません。
そこが曖昧のまま自動ブレーキ義務化。
まだ検討すべき段階にいるニュースではないと思います。