読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

交通教育メモ

前職の職業柄というか自動車免許があまりクリーンではなくてゴールド免許まで後丸2年は我慢しないといけません。
何とか子供が物心つく前に、とーちゃんゴールドになっとかんと面目が立たないです。こんなこと言うのも、うちは男の子ですし十中八九免許をとるでしょう。
車を扱うのに最も恐いのは事故。取り返しのつかない事態は避けなければなりません。なのでまだ子供の内から、自動車に対する教育をアレコレ考えてます。少しでも言うこと聞いてもらうためにゴールド免許であることは説得力の礎になると考えてます。
…。
例えば近年、iPodスマホの普及で道端を歩く人は、ほぼ下を向いて歩いてますよね?坂本九の歌も知らない若造共が蔓延る昨今ですからね。
事故の引き金というか材料が多すぎるんです。
それでも自動車は事故を起こせば分が悪いです。
つまり自動車を運転することの責任をみっちり教育しなければなりません。
今の内にメモしておくことにした次第です。



…。

・歩行者の目線とドライバーの目線

実は交通安全の指導では、ほとんど注目されてませんけど、実は実際には見せ比べた方が良い目線があります。
それが歩行者の目線とドライバーの目線です。
最近悪い例をする歩行者があまりにも多いので子供が物心ついた辺りから説明をしていこうと思っています。
それは信号を待つ歩行者の立ち位置です。


せっかちな人にありがちな道路にはみ出して信号待ちする奴らな(怒


私がもし学校の先生やそういう指導する者だったとしたら絶対に行うことがあります。歩行者目線の映像とそれに対するドライバー目線の映像です。ぜひ見比べてほしいです。
歩行者の目線では、ぶつかる訳がないという考えなんですよ。
ですが、実際に道路にはみ出して立つ歩行者の前を通るドライバーの目線はどう映るかというと…
死にたいのか?と。自殺志願者も同じです。自動車免許は義務じゃありませんからドライバーの気持ちが解らない人も数多くいますが、それにしてもひどすぎます。良い大人なら事件、事故を防犯できるよう最大限注意すべきです。
…。
車が避けてくれるだろうなんて甘すぎる考えは今すぐ捨てましょう。
もしドライバーが酔っぱらってたり、覚醒剤をやってたらどうしますか?
自分の命は自分で守りましょう。相手は高速で動く鉄の塊です。勝ち目はありません。
ドライバーがどれだけ驚異を感じているか、一般の人が全て知っているべきだと私は思います。



エコカーの盲点

目まぐるしく技術が進歩する中、ガソリンをほとんど使わなかったり、全く使わなかったりととても便利になってきましたね。ガソリン台をほとんど食わないなんて素晴らしいです。排気ガスも少なく環境にも良い。おまけに音が静かです。
私が盲点だというのはまさにこの音です。静かすぎるんです。
車を頻繁に使う方ならご存じと思いますが、プリウスが目立ちますよね。走ってる量が半端ではないです。
ですがこういった車が信号のない脇道を何となしに走行してみて下さいよ。しかも最近の歩行者なんてメガホンつけてる人だっていますからね。
出会い頭で突然目の前に車が表れるんですよ?
便利すぎる世の中に頼りすぎるせいで、今の若者はすぐ骨折するそうですね?運動神経が悪く感覚も鈍いです。
どこから車が出てくるかわかりません。
注意するべきです。
後その内実用化しつつある水素を燃料に走る燃料電池車について。
私はどういう原理か知りませんけど、走行中に排気ガスが出ない代わりに水を出すそうなんです。
私が懸念しているのは、将来燃料電池車が普及したとしてこの排水の水がつもりにつもって道路を凍らせないかというもの。考え過ぎかはわかりませんし、排水の具合もどうかわかりません。
絶対にないとは言い切れないと思うんですよ。
例えばの話ですが…(笑)時代の流れで注意すべきことは変わっていきますから、しっかり考えていかないと。大人が運転する車で子供たちを守っていかないといけません。
自動車免許の便利さと危険さの両方をバランスよく教えていくつもりです。