読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

純粋、魅力、誠実辺りで日本を生かしてみる

彼女ができない日本死ねという記事に言及。おそらくは保育園に入れない記事に乗っかっているんでしょうが、まぁそんなことはさておき…。

この記事に理想が高いから彼女ができないということに対して、理想なんてない、障害者だってメンヘラだって年増だって付き合えるなら付き合うというような事を仰っています。

理想が高いからハードルを下げる?
ある程度目を瞑る?何様ですか?
そんな姿勢なら彼女はできません。相対した女性が付き合おうとしないのも頷けます。
女性は可哀想だから男性と付き合う訳ではありませんから。
では、どうすれば良いか考えてみます。




・純粋な心

学生時代の若い頃が終わって社会にもまれると自然と人間ってひねくれていきます。純粋だった子供の頃と違って、世界はもっと冷たくて広くて自分を生かすことだって大変です。その中で過ごしていくと体に負担がかかることや面倒なこと、親切な心から離れてしまうんです。
なるべく楽に生きよう。そんな風に思ってなくても体は正直です。疲れないように、ストレスをためないように行動するものです。

でも大人ならばそういう気持ちを外見、態度、気分、言動に表れないように対処していかなければなりません。
喜怒哀楽は全て原動力に、どんな状況でも冷静に、ストレスをコントロールする、何事にもメリハリをつける等挙げればきりがないのです。
何事にも動じない、でも子供のようにふざけてみても良いタイミングはあります。人は時に癒されたいことがありますが、それには純粋でいることが一番だと思います。忙しい毎日を過ごしていると忘れがちですが、純粋な心は片隅に光らせておきましょう。





・魅力的になる

人にはそれぞれ良さがあるので自分の事をまずどの程度理解しているかだと思うのです。それができていなければ女性に何だかよくわからない人だと思われてしまいますから。
力持ちだけど頭は良くないというように必ず欠点はあります。
無理に欠点を克服しようとせず、得意分野で補えば良いのです。
実はこのメリハリの良さが魅力的に映ります。
欠点を見せておいたところに、かっこ良いところを見せられれば、ドキッとさせられます。
それまで気づかないことでも、女性の見方というのは侮れませんので指摘されて自分の良さに気づいたら伸ばしてみましょう。超かっこいいかもしれません。



・誠実であること

他人に優しくできる力。友人の数と質(人脈)。少数派だったとしても正しいと思ったことをする決断力。協調性を持つこと。常に向上心を持っていること。

時は止まることなく流れている訳で、現実問題この人と一緒になって生活できるのか?そこまで考えてます。
あーやりてーとか思ってるそこのあなた!


…。
まぁ気持ちは察しますが、将来のことをしっかり考えてますか?

何とかなるさ!

確かに前向きかもしれませんが口だけだとしたら女性はすぐ解りますよ。この人は中身のない人だ。嘘は嫌いです。女性の気持ちを代弁します。嘘はバレます。
根に持ちます。ごめんで済めば警察いらねんだよってなります。
ひた向きに生きるのは果てしない道のりかもしれません。
うさぎとかめ。
一歩ずつでも前進しましょう。見ている人は見てます。



…。

と言ったところで私が何様なんだという話ですね(笑)
やりてーと思うなら、やりてーと思わせる段階を踏まないといけません。


…。
それにしても保育園なー。
待機児童なんて言葉がある時点で萎えますね。
もういいよ、うちの子は葉っぱ一枚だって生きられる!あちょー
















…。
安部さーんどうにかして