読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

悪い人嫌な人は、実は悪いように見える人嫌なように見える人だった

精神グループの方々にごちゃごちゃぬかすへっしです。悪気はありません。感情的に見えるかもしれませんが、そんなことはないので心配無用です。というのも他人様の記事から横レスを頂きました。あくまで他人様のブログで主様と関係のない話で返信を返すのもおこがましいと思い、自分の記事に書きました。
…。
私のコメントに返信をする人、無視をする人、削除をする人はこれまでいたのですが介入は初めてでした。嬉しく思います。
是非私なぞに気を遣わずに言いたいことを言って下さい。私はこれっぽっちも気分を害しませんので。
はてなではコメントの他に色々な機能がありますよね。でもコメントがあった方が感情が分かち合えてよほどためになるんです。私へっしは何言っても許される存在ですからぜひ利用してみて下さい。
…。
つぅことでしたが、本題はこっからです。
生きてると自分の前に立ちはだかる悪い人嫌な人はいませんか?
他人は他人でも何処かですれ違うだけの人と違って都合上付き合わなければいけない人がいるのは絶対に避けて通れません。
今回は後者の都合上付き合わなければいけないけど悪い人嫌な人について、どう対処していくかを書こうと思います。
…。
何をするにもチームワーク。そうやって人類は進化してきましたが本質は今も同じです。
そんな中、何でもチームワークって言うなら仲良くやればいいよとなるか?と言ったらそんなことはないんですね。
人間は欲深い生き物なので頭を使って楽をします。
そこで活躍するのが悪い人嫌な人です。別名キレキャラとも言いますが、指令を出すリーダーにとって秩序を保つためにどうしても必要な嫌われる役に徹する人達がいます。
この人達は法の番人。なぁなぁになってしまう輪を一喝できるように普段から空気を張りつめています。
皆さんの近くにもいませんか?
この人がきたら下手なことできない!という人。
会社には欠かせない役なのです。
もし、これらの人達がいなかったり不足していたりしたら会社は悪いことし放題。うまく経営していけません。
これに相対して存在するのが善い人好きな人です。別名相談役です。
相談役は、キレキャラに追いやられて相談を受ける新人さんにとっては特にありがたい存在です。
リーダーからキレキャラに指令が行くとすぐさま相談役にバトンが渡り、それぞれが自分の持ち場で会社を支えています。
いつまでも平社員なんてやってみてくださいよ。絶対に上司の気持ちなぞわかりません。皆さんの知らないところで叱責されています。会社の舵を操作する上で目を光らせている上層部は不具合があればわかります。指令が一つ一つ飛ぶ度に増幅した怒りが原動力になり部下に渡る頃にはとんでもない雷が落ちてくるんです。これがいわゆる悪い人嫌な人が出す発言や仕草なのです。
考えてみて下さい。部下の責任で怒られているところを。とんだとばっちりです。
なので実際にあなたにとって悪い人嫌な人は本当は悪いように見える人嫌なように見える人の間違いだったのです。
それが解らずにいつまでも仕事を転々としていればどこに行っても同じ。
早いとこ頂上から見下ろしてみましょう。ものすごい良い見晴らしですよ。
入ってきた頃は殴ってやろうかな?とか思ってたキレキャラも善人に変化します。
…。
だから勘違いしないで下さい。
いきなり自分と合わないからってシャットアウトする皆さんへ。
実は会社で一番大事に思ってくれているのはその人かも知れませんよ。