読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

スイッチキャラ

バカばかりしていると急に立ち振る舞われた時にしらけてしまうという実態についての言及です。
私は普段からとにかくオヤジギャグを頻発させます。韻までふんでくる。
話し相手の年代や好きなものに合わせてギャグをオンパレードさせています。
この普段のキャラと言うものが固執し過ぎるとどうなるかと言うと…。
普通がおかしくなるのであります。
今なんでふざけなかったの?らしくないじゃん!となるのです。
突然大人の意見を出すと、何急に良い事言ってんだよ。真面目か?何で今乗っかって来なかった?等。
待て待て、私にも普通のことさせろ!言わせろ!という具合になる訳です。
…。
例えば、
子育てがうまくいかず眠れないんじゃないかという出産を控えたパパに、むしろ可愛くて眠れない、そういうぐらいに思っててちょうど良いと思う。と言うようなことを言いました。
主旨は、今から考えても仕方がないというような意味です。
もちろん考えても仕方ないと直接は言わないものの、大変じゃないよというのは嘘だし心無い答え方です。
パパもママも自分中心だったところ、突然子供が自分の中心になります。
優先順位が常に子供なので、慣れない間はとても苦労します。
うだうだ言えば楽ではありませんよ。でも、私にとって正当な答えは可愛いいから他は気にするなと考えるべきだということです。
私はそのように可愛くて眠れないという「その心」を説明しました。
すると一同、急に戸惑ってしまっているんです。いきなり真面目に答えてしまったからのようですが、私は周囲で一番最近の新米パパだったので答えて当然だと思っていたんですよ。
キャラが形成されてるとこういったちょっと違う反応を受けてしまうことがあるんですね。私はバカなことだけ言ってろ(笑)みたいに。
…。
会社では、より大きい会社にするためにリーダーとかキレキャラとか相談役とかいるものなんですが、きっと本当に立派な人間は、このそれぞれのキャラを臨機応変に変わることができる人なんだろうなと最近そんな感じがしてます。
指示が的確である。嫌われ役になれる。悩み事を聞いてくれる。黙々と仕事をできる。笑いをとれる。等を立ち替わりできる「スイッチキャラ」です。
できることであれば私は仕事ができるってだけで終わりたくない。以前管理職だったこともあり周囲に気を配れる側になりたいと思ってます。
正直現在の仕事を手こずっててなかなか覚えられず(笑)
結局私はしらけられてしまったという訳です。
まだ全然青いんですわ。