読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どう楽しむか

素敵な発想

結婚を決めた理由

前回の続きは小休止致しました。
今週のお題に乗っかってみます。
結婚を決めた理由ですか…。
そもそも結婚って何だろうって考えてました当時は。別に婚姻届出さなくたって、一緒にいることはできますからね。
意味って何だろうって。
まさか自分が結婚するなんて思ってませんでした。
結婚が現実味を帯びてきたのは、子供ができてからです。まぁ入籍してから明くる年から記念日になる訳ですから、ゆっくりできそうな日に決めました。
今思えば勢いとかじゃなくてものすごい冷静でしたね。お互いにこの人と一生を共にできるかな?って思ってましたから。
結婚ってまさに誓いの言葉に出てくるあれです。
たとえ健やかでも病める時も喜んでても悲しいときも豊でも貧しくても、愛して敬って慰めて助ける訳です。
結婚当初はそうでもこの誓いの通りに事が進むと挫折する人がいますよね沢山。
かくゆう私も気持ちがわからなくありません(笑)
しかし私の結婚を決めた理由って同じ道をただ歩いてるだけじゃなくて、互いに成長していけるような存在と出会ったからです。成長するって難しくて、どうしてもケンカしてぶつかって互いに意見が合わない、そんなことがあるのにしばらくして二人が頭を冷やすとお互いに謝るという(笑)
なので歩み寄るためにはすごいストレスを乗り越えにゃならんのです。乗り越えられずに挫折するなら愛してなかったか、覚めたのでしょう。
一緒にいても得しない、楽しくない、成長しないって三拍子揃ったなら危ういと思います。
協力して死ぬまで一緒ならそれを覚悟して結婚しないとならんだろうなと心の中で思いながら付き合ってる間考えてましたね。
彼女作るのによく趣味が合った方がいいと聞きますけどそんなの関係ないですからねー。むしろ、お互いに知らないことに特化してた方が良いです。
…。
いまだに妻はそこまで言うか?というほど暴走する時もありますけど、最終的に手のひらで転がされていると言ってました(笑)
私は、こっちのセリフだと言いたいのですがきっと同じ気持ちなのでしょう。
どれだけ仲が良くても駄目な時は遠慮しない。付き合って一度もそれが揺るがなかったです。この人だ!
全く迷いがなかったです。