どう楽しむか

素敵な発想

ただ仕事能力を向上するだけじゃない何か

お盆くらい休めと言いたいところですが、暑さと疲労のピークから空回りです。仕事増やしてる(笑)

 

そのため上司から皮肉を頂く結果となっていますが、辛口の意見の方が延びしろのある私です。


そして、ぎっくりチックな私に無駄に優しい同僚達。
全てが動力源になっております。感謝しかない。
これだから普段からの配慮、気配りはやめられない。必ず恩になり返ってくるから。

 

…。

暑いです。もうそれだけで何をしてなくてもジリ貧。
だからこそ、あえて懸命に仕事をこなしています。
やたらとサボると思われてる人間も大体は謙遜。その分きっちり仕事をしている。わかる人がわかってくれれば、他は気にならない。そもそも気にしてる余力を残してませんが。

 

 

周囲の動きに合わせて予測するアバウトな動き。勉強中です。
深く考える事をしてきませんでした。
私の現在のどう楽しむか。

海へ行ったので有意義継続中です

今年は家族サービスのための休みしかとってないかもしれません。
先日海へ行ってまいりました。
ニュースを見ると水難事故ばかりなんですけど、実際一瞬の隙も見逃ません。
つまり、仕事以上の激務ですね(笑)
海までの道のりも子供達が付与するとまた難易度が駄々上がりしますからね。
そしてこの天気。
4歳の長男がほとんど往復歩いてくれました。お兄ちゃんってすごいわ。
だからといって次男もすごい。潮を落とすためのシャワーの時に気づいた両足の靴擦れが歩きたがらない要因でした。

行く前からの飛びきりの笑顔も。
入水してからの笑顔も最高でした。
普段以上にずっと笑顔。
海は広い。青い。波立つ。しょっぱい。
色んな不思議を体感しながら、暑中見舞いをくれた幼稚園の先生にお返しができると良いなと考えてます。

…。
ちなみに私は大荷物を入れたスーツケースに長男乗せて転がしたり、二人同時に抱っこを要求されて調子にのり、抱っこして駅まで歩くという暴挙を起こし、腰がぎっくり気味です(笑)
副業で悪化したので、帰ってから妻にマッサージを受けました。その際に、耳の中がアカまみれだったらしく耳掃除してくれたりしました。
本日体調万全とはいきませんが、何とか仕事に出られました。
…。
休みを現地調達しつつ腰の回復に努めます。
仕事だ

前祝い

海を企画するということ。
初めての海に長男が興奮し、次男はよくわからないながらも、楽しそうなお兄ちゃんを見て喜ぶ。
…。
私は連勤を終えて家に帰るなり、妻に頼まれた郵便物を結局持って帰ってくるという失態を反省しようと試みるも、家族の脳みそは、すっかり海。
お父さんは話を聞く係でした。
聖徳太子能力はないので、しばし空返事。特に妻の話は(爆)

この暑さと疲れ。
にもかかわらず、パラソルを求めてホームセンターに行き、帰りにじゃぶじゃぶ
池で遊ぶ。家に戻ってきたら今度はプールで遊ぶ。海の前日なのに疲れきらないか心配だったのですけど、まぁ最初に落ちたのは私ですよね(笑)

次に起きたのは妻の怒りが頂点に達した23時。興奮冷めやらない子供達が寝る準備を1つもしないため、妻が海に行かない!と言い出し、号泣。
泣けば許してくれるという淡い心が透けて見えてしまった妻はそのまま寝たふりをかんこうしました。
…。
なるほど私の出番だな。
ある程度仮眠?した私は、冷静に前夜の終息をはかる。何と言っても1秒後には寝た方が良い時間だ。いや、それだけ楽しみなのは伝わったがリビングの惨状を見て、そりゃ怒るよってなった訳ですよ。
足の踏み場もない。
何より、子供達は純粋で正直ですからね。お母さんが行かないと言ったら本気で行かないと思う。つまりお片付けの意欲がなくなるって事になってしまったんですね。
…。
そこで、子供達には誠意を見せてもらう勉強をすることになります。

結果的に海に行くっていうことが、良い勉強になりました。
言葉で言っても伝わらない。

誠意とは?

私が子供達に必ず勉強してほしい1つの大きな課題です。

やるべきことをやらずして、相手は動かない。

魅力がない人間に付き合ってくれと言われてもOKしないように。

ところが、これがやると決まった長男のお片付けの采配が素晴らしかった。
次男をコントロールしながら、あるべき場所にしっかり戻すことができてました。
普段仕事をしている私でも、お片付けを日々行っている事が分かったんです。
寝たふりをしている妻もこれには、お片付け完了を待てずに長男を抱きしめにきました。まぁ長男は号泣しますよね。
海に行けなくなったと思った訳ですから。

難しい事は体で覚えさせる。
空返事(反省点)をする私より余程長男をやっていました。

…。
ただそれだけの一連のできごとが、私にとっては何よりも重要でした。
…。
もう海に行く前から意義があったって事なんです。

…。
楽しみにしてくれてありがとう。
私は胸いっぱいです。
最高の前祝い。

セルフ滝業による瞑想がもたらしたもの

仕事終わって帰ったら玄関先で子供達がプールで遊んでたので、おもむろに子供達をスルーして

おとーさん、何で?こっち!

と言っている間に洗面所で下着一枚になって便乗。

あまりの暑さに水がぬるま湯で、自分の体を冷やすのに最高過ぎ。
くっそ働いた連勤明け(40越え)に海を家族に要求され、台風3個来てる中でこいつら正気かとも思ったんですよ?
ですけど、子供達に永遠と頭から水をかけられて瞑想してましたら、海行きたくなっちゃったんですよね。
仮設プールでこんな飛びきりの笑顔なのに、海行ったら…。

…。
ところで何も言ってないんですよ?
言ってないのに長男がパパって言うの卒業したみたいです。

間違ってないと思わせ続けること

それが手を取り合うって事。

何の話だって?

まずは暑中見舞い申しあげます。
さて過酷な環境の中で、皆さんはどうお過ごしでしょうか?
先日、本業で喧嘩が勃発しましてね(笑)
日頃の鬱憤がたまっていたようです。
その怒りエネルギーが空気中に浮遊したとして充電できたらなと、つくづく思っています。もったいないですからね。
社会人なら、そもそも鬱憤ためるなよって。
本当そういう風になる前に相談してくれ。そこまで追いつめられてないわ。


内容もバカバカしく恥ずかしい喧嘩。
どれくらい恥ずかしいかというと…。
喧嘩したのが40代、50代なのに、仲裁に入ったのが10代という恥ずかしさです。
もう一番大人に見えましたよ。

後で謝罪されても…。実際にお互いに謝罪してましたけど、心がこもってません。子供でもそんな謝罪しない。
…。
この喧嘩騒動を鎮火するために、その場の全員が仕事を止めてしまった。
恥ずかし過ぎる。老害と言われても、仕方ない。
まともな視線を送るのに5年はかかると思ってほしい。
…。
手取り合えませんか?
…。
…。
…。
というわけで、我が家はトイレにカレンダーが貼ってありまして、これに妻が何やら予定を書いている。
私の遅番まで網羅されており、ここ最近の極めつけは副業に入ってもよいシフトが予め記載されていること。

…。
私はこれはやってやったぞと(笑)
結婚生活で大事なのはお父さんがお父さんをやること。つまり大黒柱。
当然言う通りにする。
見てくれとは裏腹のカレンダーという訳です。何だかんだ、つべこべ言いながらも付いてきてくれます。

本当にありがとう。

会社でがたがた抜かしてる間に、手取り合うぞ。

冒頭に付け加えるとしたら

最後まで投げるべき。
張本さんのこの意見が反響を呼んでる。
まぁそのやり取りは、誰もが考えることなのでスルーします。
最後まで投げる程ではないが、最後まで投げさせて下さいといった類いの真剣さが伝わらないのが残念なんです。


監督の采配は絶対で、選手の願い虚しく。というやり取りでの最後まで投げる事は叶わなかったというくらいが良い。

 

私は野球が好きで、学生時代はよくやりました。子供達にもこの面白いスポーツをぜひやってもらいたい、と強く願っていたんです。
ところが、野球のルールが次々に変更。
何よりクロスプレー、申告敬遠、かくし球、乱闘、キャッチャーのサイン等々…。


まずは、クロスプレー。
禁止になったのもそもそもは、そのやり方。
アウトなのかセーフなのか、わからなくさせる程度の技術。つまりは、クロスプレーとは軽い接触で焦らせてキャッチャーがボールを落とすよう仕向ける程度の行為だったんですよ。つまり運ばれる程のケガはしない。
ところが、近年のクロスプレーはもう完全に両手使って弾き飛ばしてますからね。故意に。これはもうスポーツじゃない。
クロスプレーなどのラフプレーを真剣に執り行っても審判にジャッジさせる程度のプレーであれば、その時の判定を固唾を飲んで見守っていたものです。
アウトなのかセーフなのか…。
ドキドキしながら。
そういう勝つか負けるかをブラウン管ごしでも伝えられるスポーツマンが本当にカッコよくて面白かったんです。
…。
申告敬遠って何ですか?
時短です。は?
クソつまんねー。
これは選手サイドや、関係者くらいでなければわからないかもしれませんが、たとえ、バッティングをすることを断たれたとしても完全に打てない訳ではない。
つまり、バッターはスイングすることができます。そしてその投げた投球分だけ、攻撃側も守備側も考える時間があるんです。
勝負に勝ちたい。
その一心で選手は常に考えを巡らせています。
緊張感もクソもない。
…。
そしてキャッチャーのサインに首振らねー。サインが合わないという戦略。
茶番でしょうか?
…。
かくし球はともかく、乱闘しなくなりましたよね。喧嘩はおろか言葉ですら暴力になってしまう時代ですからね。
怒るって全部悪になってしまってる。スポーツに限らず。怒るという感情も1つの選択。
…。
あまり野球熱がなくなってしまった。
一生懸命にプレーする姿、正々堂々の形。
ルールに乗っ取った上で、平静を装い、仕掛ける。そして、プロの審判を欺いた、堂々たるセーフ。

…。
ケガさせてまでやらせるべきじゃない。
そんなことは、全会一致でしょう。

 

『勝負を』最後まで投げるべきではない

 

としたらどうでしょうか?

最近のニュース批判ばかりで面白くないし、誰かが発言した内容を誤解するとしたら、もう少し甲乙つけがたい記事書いてほしい。

 

その意見には賛同できない。
そうだ、そうだ。

 

これ面白い?

 

…。

 

この記事の落ちがあって、お父さん業やるようになったら、野球が観られなくなった。

野球が嫌いになった訳じゃないぞ。

未来に期待も込めてます。

私は子供と野球したいぞ。

気持ちだけで気力が何事にも起きない程、疲弊してますけど

納得できる1日を目指して

下半期出足は、新たな気持ちで執り行えたように思います。ひと月無休でおりました。現在進行形ですが、自分の体力と精神力がレッドラインを割らない働きで戦えています。

コツは他力本願でいること。
しいて頑張ることと言ったら、自分に関わっている全ての人を鼓舞します。

 


常に最新の情報を引っ提げて、間髪いれずにおちゃらける。
女性人は、あまりこれをわかってくれない。
意味のない事は言わない、しない。
一つ一つに意味がある。
1日をやりきった表情と笑顔にしてやりたい。

 

 

 

朝新聞に目を通すお父さんは、株式市場同様、自分の価値を高めようとしています。
値動きに敏感に反応することは、自分の意識と他人の躍動感に比例すると言っても良い。


だから戦える。ずっと戦える。


結果として健康のまま働いているのが、その証拠です。
私が仕事できてるわけじゃなくて、周囲にそうしてもらえるよう取り繕っているんです。

 

 

決算ですが、今年の目標である200万にどう足掻いても到達できないとわかりました(もちろんわかっていましたが(笑)…。)。
半年で100万ペースを作るというのは、私にとっては、息切れしないマラソンと一緒ですね。畜生です。

ただし、不慣れな仕事のやり方に慣れて落ち着きが出てきました。
ようやくチームをそれらしく回し始めました。

 


仕事が軌道にのっただけで駄目なのがお父さんよ!!
子供達より先に眠くなるから。
無休なのに花火は見たし、公園は行ってるんですが、飯食わして、風呂入って、歯ブラシした後の間が持たない。
本の読み聞かせまで行きたい。

納得できる1日っていったら、上手に寝かしつけまで行うことですからね。

 

 

私の苦手な夏の様相になってまいりました。いっぱい食べて凌ぎます。
そして子供達といっぱい話がしたい。