どう楽しむか

素敵な発想

こういうときなのでアンパンマンの話をする。


鶴ひろみさんにはご冥福を祈ると共に、世代はドラコンボールではありますがアンパンマンのお世話になり具合が半端ではないのでその話をします。

子供の頃から大人になって自分の子供に見せることになって、本当に生涯お世話になってるアンパンマン
言葉では言い表せない程です。
特に私はバイキンマンドキンちゃん、長ネギマンが大好きなのです。
ニュースで知りました。ドキンちゃんの声の人が…。

バイキンマンの掛け声

はっひふへほー

アンパンマンが『バイキンマン!』と驚いてすかさず

ドキンちゃんもいまーす。

このアクセントがたまらない。ムードも何もない。そこには満面の笑顔のドキンちゃんバイキンマンの傍らに。

この下りを何百回みたかわかりませんが、絞めも大概

バイバイキーンとバイキンマンが吹き飛ばされた後にUFOで続く

待ってよ~

です。
ドキンちゃんバイキンマンアンパンマン退治熱に比べると冷えきっていますがそのためか冷静に戦況を把握してます。
故にバイキンマンがやられるムードになると、あーぁと溜め息をつくんですよね。
そんな詰めの甘いバイキンマンに嫌気を差すときもあれば、一緒に食べよ
と優しい一面もみせることもある。

だからいつもそこにドキンちゃんがいて、当たり前。その声がもう聞けないというのは、ちょっと寂しいです。
アンパンマンバイキンマンはわかりやすい正義と悪。
ドキンちゃんは、そのどっちでもない。
笑顔をかかさず、好きな人、物のためには一生懸命。何より楽しく生きようする様が本当に好き。
また、そこまで踏み出してはいけない一線をバイキンマンに越えさせないのもドキンちゃんのさりげないアシストにかかってるような気がします。
ドキンちゃんの声は、鶴さんの声ってずっと決まってて、それでも恐らくは役回り上、二代目に変わるでしょう。
それでも私は子供とアンパンマンを視聴する(育児不慣れな時期にいつも子供を釘付けにしてくれる唯一無二のアニメ。本当に助かってます)
いつもの元気いっぱいの下りもアンパンマンの世界観も好きだから。

調子狂わされて笑って良い時と良くない時

子供叱った時の口がへの字になるのが可愛くて思わず顔がほころんでしまいそうになる。で大体赤ちゃんに毛が生えたくらいの子供じゃ、やること言うこと成すこと全てがいちいち可愛くて表情を保つのが結構難しい。
真面目に怒っても、
てへっ
てされた瞬間に撃沈しそうになってしまう。
甘やかして育てるというよりも、物心が曖昧なこの記憶の薄い時期に怒りすぎるのも考えもの。
言いたいことをわかってあげられない私達が悪いともとれますし、何よりも今は怒るけど、いつも側にいるし守ってくれる存在なんだって認識があれば良い。

一言で言えば難しく考えてない。

どこかで親がビシバシ子供に叱られてるのを見ることがありますが、ただ微笑ましく思うのもそうなんですけど、自分が同じ状況になったときにどうするか考えたりしながら見守ってます。
親レベル1から始まって、仕事と育児を両立しつつ、しっかりと自分をケアしなければならない。
今はまだ、子供達のギャン泣き的抗議を解決する糸口が掴めないでいます。
掴めないから面白い。よりスマートに。
粗を削ってく。

 

 

最後に上司との会話を添えておきます。
…。

 昔と違って新聞屋がスポンサーなのも考えもんですよね。ネット普及してきたし。あ、でも巨人の他に中日もあるのか…。

お前そんな事言ったら、毎日新聞知ってるだろ?あれも確か毎日オリオンズってのがあったんだぞ?

へー毎日玉葱食ってそうですね。

お前それはオニオンだw(怒)真面目に話してんだよ俺は。何の話しようとしたか忘れたじゃないか。

話の腰を折ったり、調子狂わせたりするのも受け手の反応次第でその後の仕事が愉快になる。
末永く何回も絡めて、滑ってきましたが、無駄じゃなかったです(笑)良かった。

宝物

寒暖差が長らく続いてるせいで、職場も家も風邪菌が蔓延してます。
おかげで私は、通勤途中だろうと何だろうと誰かがくしゃみしているところに晒されており、ついこの間まで鼻の奥に違和感がありました。
気合いと根性。他にない。悪化させてる暇なんてない。
次男なんて鼻水たまりすぎて、夜中に痰がからんで嘔吐ですよ。
とにかく冬は、これが恐い。

日中過ぎた当りから、やたらと気持ち悪い日があって脈打つ程の頭痛に耐えてました。頭痛時の私は余程の事がないかぎり、薬を飲まないのでこまめな水分補給とマグネシウムの補給を行います。
今までだってずっと平然とやり抜けてきました。血が出ようと骨折しようと腹が痛かろうと恥かこうと関係ありません。
体調不良ごときで1日を台無しにされてたまるかと。ずっと克服してきた自分がいるからと、いつもそれと比べてる。

仕事もできないわ、知識もないわでひどい私から体調悪までなった日にゃ後何が残る?何も残りません。

転職して思い知らされました。全てが0からのスタートというもの。
歓迎されませんよ。
なめてんのか?っていう扱いでした。

上司、先輩から教える気にさせるまで3年を要しました。


知識もなければ才能もない。ずっとずっと人間性だけを刷り込ませてきました。
気が散りやすく忘れやすいという才能がある。どうしても表立っているし、あまりにも頻度が多いので何度言ったらわかるんだ(怒となる訳です。

私自身も散々嘆いてきて、嘆いてきたけど克服はできない。
だから、気が散りやすいとは周囲を見渡し、気配りできるということ。
忘れやすいとは、引きずらないことと捉えています。
こういう私のようなタイプの人間は、反省しててもそれが相手に伝わりにくい傾向にあるので余計に逆鱗に触れてしまうんですよね。

私は仕事を覚えるのが下手です。覚えが悪い。人より多目に経験積まないと理解できない。理解した気になって誤解してることもある。

どんな人間でも個性があります。
それは長いこと時を共にしなければわからないことです。
限られた時間を使って自分がどんな人間であるかを知らしめるという行いを磨くことで、誰よりも早く本気で教える気にさせる。そこまでくると特別扱いに近い。

私はできない時期が人より長い分、できるようになってからがすごいタイプなんだ!!ってあくまでハッタリなんだけど、そういうオーラを出して仕事してます。今のところどの職場でも通用する私なりの作法です。
乗り越える材料が増えると自信に変わる。自信に変わると似たような境遇になっても、もはやできる気しかしない。

そうやってさりげ無く立場を良くしていきました。
思えば全部さりげ無いかもしれません。
仕事もプライベートも。
気づいたら結婚して気づいたら子供ができて気づいたら家買ってました。
過去の私からは、どれも叶う気のしなかったことです。
生きる力を強くしていくこと。それをサポートしてくれる人。拠点とする所。
夢や目標ができること。
一つ一つ全て、追い求めてなかったのです。
ただ生きていた結果、ついてきたものなんです。
そのついてきたもの全てを、私は大切にしたい。努力の結晶だから。
生きる希望がなく惰性で生きていた私にとって何よりの宝物。

 

最近心がけていること

週末に一日中子供の相手をするには、一緒に遊ぶ中で徐々に体力を回復させていかなくてはならない。
眠いから今日はパスで。
というのはナシなのです。
この機会をなくしたらいつ遊ぶ気なのか?っていうことですから。

まず、とーちゃんがとーちゃんをする上で大事なことは何よりも自分が楽しむこと。親になると意外と子供を喜ばせないとって思うけど、実は子供は親が楽しそうでなければ面白さ半減なのです。

夫婦喧嘩をしてると、割って入ってきませんか?
子供は雰囲気を察します。
そういう洞察力については、生まれて間もなく優れています。見てないようでよく観察してます。

学生の頃、授業中は恐ろしく眠いのに休み時間になった途端に眠気がなくなる思い出はないでしょうか?
授業について言えば、教わる意味がわからなかったり、興味がなかったり、難しかったり、実用性だとか…とにかくやる気を出すための最後の決め手を考えるのは自分です。先生が工夫して授業を聞いてくれるよう勤めるのなんてのは、その補助に過ぎない。


その上で、子供の遊びというのは、もう既にしてきたし、今更遊んでも面白くない。結果眠いという悪循環になるってことは、授業のような考え方をしているのと変わらない。
家族サービスをする上で、とーちゃんにとって一番重視するのはここ。
ただ、子供優先に考えれば良いってもんじゃなく

自分が楽しいこと

なのです。

私自身も正直、頭と体は別物で思うように動かないのが現状です。

するは難し。

子供と戯れる一時は至福です。
でも、グズリ泣き始めたり、イヤイヤのスイッチが入って途方に暮れる日々。その度、夫婦で会議してきました。

何度も同じような類いの目にあってきて、結論はやはり、とーちゃんが笑ってなかったら。っていう。
だから妻も、私がなるべくあなたを笑わせるから。
と言ってくれました。
楽しむためには、体力が必要。
体力を残すためには、楽しむことが必要。
その辺のうまいやり方を仕事だけじゃなく、プライベートでも考えていかなくてはならない。
子供との生活はまだ始まったばかりだから、慢心せず子供と成長していきたい。

 

…。
本日、役所の入口で母親に叱られて大泣きしてる子供を発見。
どうやら役所を出る際に道路に飛びたそうとした事について、お叱りを受けていたようです。
もう、微笑ましくしか見えない。
頑張れって心の中で思ってます。
全国のお父さんお母さん、ほとんどの人がそう思ってますのでめげないでほしい。ネット上の冷めた意見やニュースは少数ですよー

心も体も温まる話

年末のシフト交渉を行いました。
もっと働かせろっていう(笑)
まぁ1回目の交渉は撃沈です。
そこは、こうみえても旦那よ。めげません。
2回目の交渉で折れてるかのようにみせて、実質変わってないシフトを形成。すかさずメリットも付け加える。

交渉の末、結果的にベストなシフトを形成。

連勤するとワンオペ育児になってしまう上、重要なのは子供にもストレスがかかってしまうこと。
いくら専業してたって、24時間子供を見てる訳じゃない。やることは山積み。
子供が泣いたらトイレだってできない。
飯も食えない。とにかく自分の都合で動けない縛りがあります。
寝たい時に寝れないという辛さはすごい。
とーちゃん働きゃ良いってもんじゃない。バランスが大事。
それでも私の無茶苦茶な交渉を飲む訳は、手を尽くしてるからに他ならないと思うんですよね。
尽くしてる根底があるから、聞く耳を持ってくれます。
今年最後の交渉は、今月の働き方次第なので気持ちが変わらないように上手に生きます。何せ次の日に疲れがもつれ込むお釣りが増えてきました。
見るからに疲れていたら、交渉決裂の可能性が高いのです。油断大敵。

…。
ようやく本題。
昨晩、妻がやたらと明日は寒いと言っており、ふーんと聞き流していたのですが、朝準備してくれた着替えを見て驚愕。真冬装備かよ。
でもこれ着ていかなきゃ怒られるしな。
暑きゃ途中で脱げば良いかって思って電車の中だけど、着たまま。さみー。
これまでと全然違うじゃありませんか。
朝着替えが用意してあって、帰りに迎えにくるとか、結構幸せやってますよ。
ポカポカしませんか?

 

長男の幼稚園が内定致しました


本来であれば幼稚園に入園するも何も、それほど気負うことないものと思っていたのですが、ネット等のニュースで落ちただの何だの騒ぐあまり、もしかしたら落とされるのでは?という気持ちが働いて面接に同行した妻が憔悴するは合格を素直に喜べないわで、てんやわんややっておりました。

こうみえて妻の性格、頭から足の先まで熟知しているつもりなので、面接の前日に私はこうアドバイスしました。

心配しなくても間違いなく受かるから、いつも通りにね。

大体願書を書く段階で、いらない心配をするであろうことは容易に想像できました。スタートを切るタイミングで気負ってしまっている。どうにかその固さを和らげないといかんなー。

しかし、そうは言われても無駄なマイナス思考を発揮する。名前を聞かれても答えられない、どうしよう。
何で私が最初なの?落とす気?

そんな訳ない。子供の頃の記憶のそれも2、3才ごときがどんな思い出があるね?
私は何も覚えてない。
つまり園長だろうが理事長だろうが、受け答えができないのは想定内。当たり前。

私は面接に立ち会わなかったので知る由もありませんが、面接は単にご挨拶に過ぎなくて、順調に執り行われた。
気持ちの問題でしかなかったはずです。
妻は普段の外面からは、到底想像できないほど心配性であって今日これからだって自分の育児がうまくいっているか考えている。もしかしたら甘やかしているかもしれない。正解がわからない。
そうやって毎日悩むことが大切なのであって私は甘やかすだけ甘やかしていいと思ってます。今だから甘やかせる、また甘えられるんですから。
その変わり私は、そうはいきません。
母親と父親の意見が真逆だって良い。
フォローしたって良い。
子供は翻弄されて自分の意識を作り上げていく。

幼稚園はお友達が、いっぱい。
翻弄されてほしい。
自分の意見を自信持って行うために。
人と自然と教育を全身に感じてくれ。
それが土台になるんだぞ。
…。

余談ですが、やらせろ!とは言った訳ではありませんが、その素直さに免じて入場許可を頂きました。そういう日もある。

スイッチを押してしまった戦車のミサイルを止めることなどできない。

スイッチ押して良いですか?

回りくどい内容は一切省いた結果でした。
ちなみにいくら正直でも失敗する交渉の仕方がある。
それが、

スイッチ押したけど、もちろん押して良かったよね?

です。

…。
余談2。
来月バカみたいな交渉をする。
1週2週全勤という暴挙に及ぶ予定なのです。年末は後半が正念場。そのために前半決めて後半は副業を休むことで、ラストスパートを切るという大変な暴挙。
バランスも何もない。
来月は休まない、と言っているに等しい。しかも、私も交渉失敗したい!
でも稼ぎたい!
ちょうどはない!

とーちゃん帰ってきたから安心して寝る話

何だか知らんが疲れが溜まってる。
もう冬だわな。ついこの間、昨年の冬のおしるこの話してた気がします。

そんな状態ではございますが、相変わらず仕事帰るや否や妻が今日の出来事等の話を永遠としていました。
頑張ってはいるけど、話が入ってこないんだよ。

おかいり連呼していた長男が、即寝落ちしました。

ところが次男が妻の抱っこで寝る気配がない。ニコニコしている。

 

パパが良いんだって。

 

そんなことはない。子供と言えば寝るときはママの成分しか求めていないはず。
とはいえ、真面目に私に手を伸ばしていたんですよね。
抱っこしてみることにしました。
そしたら、肩に頭をペタンと乗せたと思ったら10秒くらいで寝落ちです。

えー。

涙出てきた…。