どう楽しむか

素敵な発想

新しくなってほしいこと

昔から食べ物のチョイスが変わっていた私ですが、この程ミニストップカフェマークのコッペパン『ずっしりコッペパン あんこ&マーガリン』が検索に引っかからない!
架空の物を食わされているのか?

コンビニで味、みため云々よりも重量を考慮する。パンを両手に持って重さを量り重い方を買う。変態ですね(笑)
そもそもミニストップカフェというのがどういうくくりのものなのかわからない。ナチュラルローソンみたいなもんなのか?
とにかく、ない。
コンビニの商品の移り変わりの早さは私を最速でイライラさせる。
例えばセブンイレブンのカップ麺、煮干しラーメンが消え失せて久しい。
なんで無くした?


というように、私はいつものお気に入り商品がなくなった時のテンションの低さがすごい。右に出るものはいない。
私のような変わったリスナーには、何のメリットもないというのか…。

何でもすぐ新しくなっていいこともあるけど、ちと立ち止まって欲しいなってこともありませんか?
愛用してたなにかが新しくなって廃止になって、

あぁ…。

って。もう何も言えね、みたいな。

ポテトチップスで言ったら定番のうすしお、のりしお、コンソメパンチみたいな、いつもあって安心する物。
そういう商品だったら新しく開発してほしいなー。期間限定とかいつも出さないやつはいらないから。

今日の仕事

毎日生きてりゃいつも10割りで仕事できない。
今日は、自分のミスでステータスに異常が発生。どう頑張っても5割の力になってしまいました。
当の私は、全力のつもりで仕事しているので目立ってしょうがない。できてねー。

会社のぺーぺーが、ただでさえ仕事できないのにフォローしなければならなくなった先輩や上司の皆さんの反応は普通冷たい。

ところがどういう訳か家族かと。
そう思える程優しくして下さりました。
関係者各位に感謝すると共に、よりいっそうの仕事能力の向上を目指します。

…。
というのも、人間ですから。
それぞれの事情があるし、いつも皆がベストコンディションではない。
10割絶好調も入れば、2割絶不調もいる。
常日頃から10割近くの力と姿勢をみせる。そして2割を助ける。
そういう行いは塵に積もって恩になって返ってきます。助けてくれるんですね。
寄ってたかって助けてくれます。
もちろんミスが馬鹿馬鹿しいというのもあって笑われてますけど、私にはそれくらいが丁度良い。
明日は10割りで借りを返す。

自分の努力が身の回りの人全員の目に止まるように、生きる。
それで失敗したことはない。

私ならばそうする

言ってもできない子、言い方の悪い大人どっちが悪いのか?といったような記事が挙がっていたので考えてみます。

物心がついたら教えなければならないことは今のうちに色々考えてるので、インターネットは何でも改めて考える宝庫だなと思って毎日見てます。

私は子供に掃除をしなければならない理由をこう教えようと思っています。

お掃除は部屋をきれいにするためにするんじゃないんだよ。

汚れを目立たせるために掃除するんだよ。

って。

その説明をリビングのおもちゃをひっくり返して説明するプランまで立ててます(笑)

ばさばさって。ごちゃごちゃになったリビングで問います。

なー、この中にお前の好きな飛行機はどこにある?

探しあてたら今度は片付けさせます。

それで飛行機だけを出して置きます。

改めて飛行機はどこにある?って問います。

もちろんすぐ見つけられますよね?

何が違った?って。
明らかに目立つだろ?って。

掃除もこれと一緒だ。
汚れがあって当たり前より、どこだけが汚れてるかわかった方が掃除しやすくないか?やりたくない、かったるい理由は普段から汚ないからなんだよ。

だけど、毎日掃除したらどうなる?
汚れだけが目立つんだよ。
おいリビング片付けろって言われるのと、飛行機片付けろって言われるのどっちがいい?

そんな具合に私は子供を説得する方法を考えます。
つまり、靴がきれいに片付けられない理由も何かしらの方法で、先生ではなく親が1つずつ丁寧にクリアしていけば、どうすれば自分にとって都合が良いか理解させることはできると考えます。
本人になんで?を教えるのは親の務め。

一見的外れな記事ですが、掃除の教訓1つで、靴をきれいに片付けさせる方法も教えられます。さあどうすれば良いんでしょうね?

インターネットでは、いつも何とかかんとか5選とか具体的に出てくるので、あえて何も言わない。

 

欠点を克服するために、メモしときます

2年越しに男の子二人生まれて、まぁ落ち着くタイミングがない。慣れてきたと思ったら慣れてなかったみたいな。
波ってのは、一回きたら退くけど、これは退かない(笑)
嘘…って思うことだらけ。

そんな訳で夜泣きも2倍、イヤイヤも2倍。全部2倍。もちろん幸せも2倍ですが、そんな中である程度私なりに周囲が見えるようになってきました。
パパサイドが周囲を見えるようになるというのは『かなり』重要なことなので、細かく記事にしていきますよ。

まずロールプレイングゲームみたいな表現になってしまいますが、わかりやすいので採用します。ドラクエとかff。

パパは戦士。
ターゲットした相手を仕留めるのが得意。ただし、ターゲットしてる間、他を見るのが苦手です。
ストレス過多や病気等のステータス異常があると、いわゆるバーサク状態に陥る。攻撃力をそのままにターゲットを見誤ってしまうようになります。
体力がある分、仕事をいくらでも続けられますが、方向性を間違うと習性するのに苦労します。
間違いもよく捗るということ。
パパは頑固なので、ママが間違いに気づいて習性を望んでも聞く耳を持たないことがあります。
聞く耳を持たなくても、全て否定し続けましょう。いつもママが正しければ、いずれパパの心がかわっていきます。
ちなみに回復は苦手です。

 

ママは魔法使い。
今ある現状のターゲット全体を攻撃するのが得意。ただし仕留めきれない。
ステータス異常があると、魔力が弱まる上に洞察力も欠如、全ての物事に対して着火します。爆発物処理班はパパですが、巻き添えを食いたくないという思いが奥底にあり中途半端な処理をしてブービートラップにかかり爆発時間が大幅に短くなりがちです。これがパパが回復が苦手な理由です。

体力がない分、休みターンがあります。
詠唱時間みたいなもん。


男性と女性の特性を考えてると大体大まかにそんな感じ。


ちなみに子供は、パパとママにベホマを唱えることができます。
体力がないというのが最大の欠点。
ついでステータス異常を被った場合に100%かかってしまうという問題も。
特にママの免疫から離れてきた月齢がしんどい。ありとあらゆる病気に侵される。その癖ラリホーが全然効かないので、特にパパはラリホーマを早めに習得しましょう。3ターンくらいで全てのママが習得します。

パパにはバイキルト
ママにはピオリム
という風に補助系も得意でバリエーションがあり、何でも吸収してできることが増えていきます。レベルが上がるのも早い。

子供を守りつつ、戦線で戦い続ける難しさというのは、本当にもう…。
自分達の情けなさや弱さから何度喧嘩することか。
その度に立ち上がるためにも、欠点は克服するよう努力することです。

家族の誰もがダウンすることがあるから。

モノに集中する力に長けるパパ達は、ママとは、まるで能力が違うのです。
そのためどうしても、喧嘩になりやすい。

テレビを見てもいいけど、子供達と遊んでくれみたいなこと。

歩み寄り譲り合う。
お互いに意見を交換する。
もちろん喧嘩してるときも、意味のある喧嘩であるようになるべくその場で解決しましょう。

どういうことが発端になったのか、それはどうすれば解決するか。
そして、良い悪い関係なく終結するときにお互いに謝ると良い気がしてます。

(~という風に)改善していくよ。

私も言い過ぎた。

という具合に。直す側は()内を具体的に。相方に取り組む意気込みを伝えることで信頼を回復できます。

男は極端、女は勝手。
男はハイリターン。女は丁度。
とはいえ良いところだけを考えても駄目。
問題は、
ハイリスクで、大雑把なところ。
喧嘩の全容というか焦点はそこです。

リスクがあるからやめてくれ。
でもリターンもでかいんだよ!

どっちも正解でどっちも不正解だから尚更。

だからこそ、パパはママに寄る。
ママはパパに寄ることが大事です。

パパも魔法使え!

ママも仕留めてくれ!

パパの夜泣き対策は?
ただ抱っこするだけ?
だとしたら、何を勉強してきたって話。

オムツをかえることもできる。
服を着替えさせることもできる。
温度湿度を調整できる。
静かにできる。
熱を測れる。
いつもと微妙に違う泣き方にも気づける等々。

ママの話を1つでも多く聞いただけで、パパもバリエーションの多い戦い方ができるってこと。
何も戦うだけじゃない。魔法は使える。
子供の側にいる時間が少ない分劣ってるだけ。
子供がママの方が好きなんじゃないかな?っていうことは絶対にない。パパも大好きです。間違いありません。

対してママはパパを受け入れる柔軟性を持ち続けることが大事。ステータス異常で力を欠くママは正しい選択肢を選べなくなったりするので、そんな時はパパの助言を受け入れましょう。こいつ何言ってんだ?って思うでしょうけど、内容よりも心配してくれていることを糧にしましょう。
出産を乗り越えたママが、くじける訳がない。だって人生で味わった痛さ、苦しさはもう味わい終わってますから。もうこれから先、楽に、幸せになっていくことしか選べない。
山がくる度に思い出してください。
あの時より、今の方が楽だし。って。
この考え方は、パパサイドには有り得ない特権なのです。
ママは全工程の最初に乗り越え、パパは全工程の後半に乗り越える時期がやってくるということ。


ちなみに私の欠点は、スタートの笛が鳴ると前しか見えないし、聞こえないこと。
声援、アドバイス

『~するの忘れないでね』


と言われようが聞いちゃいない。

そこで、スタートする前に確認をすることにしました。

~で~で間違いない?

オッケー。

今までずっと欠点で直せなかったことを今から直せ。
こんな難しい注文を受け続けるには、
努力はもとより、家族全員の一致した力が必要になります。

お互いに経験値積んで、閃いて、
やれることをやる。
パパはママを、ママはパパを修正するということ。

パパ、ターゲットはこっちよ。

ママ、○○に××する予定だからカレンダーに付けといて。

喧嘩は免れない!でも、よく考えて。
パートナーは誰よりも身近にいて信頼できる味方だってことに。

 

本当の評価はどうやって得る?

インターネットの評価があてにならない。
先日レンタカーを借りた先の評価がすこぶる悪くて心配してたんです。
蓋を開けりゃ、何事もなく手続き済んで快適なドライブをして返せました。
何なんでしょうね?
というのも全く関係ない話、客に胸を触られた云々という記事が挙がってたんです。
別にただ、クズをボロくそに言ってるだけの話なんですが、それに対して日本が日本がってよ。どんだけ世界狭いんだよって。

たった1つの、たった1人の評価で大事にしてしまうってこと。

ついでに、人気があるから私も俺もと便乗するシステム。どうでしょう?
本気で良いと思って利用してるんでしょうか?
経営者側が望んでいるのは、個人の率直な意見。
どれだけのモノなのかわかりもせず手に取ってる。
なめるなよって。

 

 

 

レンタカーの話でいったら、余程マナーが悪かったとか何だとかじゃないのかなと疑ってしまいます。
今は特に世間体に流されないで欲しい。
自身がどう思ってるかが何より重要です。
そこから信頼が生まれ、本当のところを知ることになります。

バーコードとか機械使えば何でもわかっちゃう。
でも本当の価値がわからない。

見る目がなければ、人間関係もそれ以上は踏み込まない。それでは、本音がわからないんです。

ありがとうございます。

って言ってても歯を食いしばってるかもしれません。
相手(やモノ)を評価することは、自分の評価を着実に上げる材料になる。

自分の目で見て確かめて、それから初めて評価できる。
だから流されてはいけない。
それに、何でも吟味するのは楽しい。
本当のところに辿り着きましょう。

できねー

なんかブックマークの仕方がわからなくなりました。
私はどちらかというと、スターよりコメントしたい人なんですが、急にできなくなりました。バカです。
うん。何なんでしょうね。
パソコンてソフトからハードまで満遍なく更新が早いから苦手です。
小さい『つ』の打ち方が変わるみたいな勢いで…。
不馴れな男が、人差し指を器用に扱おうとしてるところ仕様が変わってしまうということ。
しかも検索しても、よくわかりません。
んでここ最近、ブクマできません(笑)
後、人気あって重い人達は本当にすまねーですけど、やっぱり読むのやめたりしてます。

変化が苦手。
例えば朝、置いてあるベルトがいつもと違う!一大事だ!

おい、このベルトどうやるんだ!?

そうすると、妻が笑い転げつつ

あなたのそういうところ好き

とか抜かしてる。
こっちは本気でイライラしてて、カチャカチャカチャカチャやってんのによ(怒)

一般では、本当に簡単らしいことができない。いつもと一緒がいいんですよ。
ありえないところで、いつもはまってる。
超時間かかった挙げ句、結局できない。
何もできない。
私の頭はどうなってんの?って。

切実に悩んでたりする。

ペースを作って、自分の全力と完璧を知る

鬱病等への最大の障害は、それらを理解する気の欠片も微塵もない老害なんて、どっかの記事のコメントで見かけた。

励ましてはいけないだとか頑張れと言ってはいけないだとか、彼ら彼女らの常識化で仕事をするには、健常者とは違う気遣いが必要。
んでも誰も理解する気がない訳ではなくて、理解できないだけ。気遣いもへったくれもない。
歩み寄る気があるならそうしてると思います。あくまで老害だと認定するならそうなのかもしれません。
何で関係のない人の勉強しなきゃならないのって話ですから。
そっちがこっちに合わせろよって。多少普通と違ってたって同じ人間でしかも同じ環境にいる訳ですから。


死ぬほど緊張したという言葉はあくまで、すっごい緊張したってことなのに、先日沖縄の橋でプロポーズした男性が落下して亡くなったという事件がありましたよね。
ご冥福を祈るとともに、目についたコメントを見てみました。

彼女がかわいそうだとか、トラウマだろうな

とかそういうコメント。
それって自分になんか関係あんの?
。どうでも良い。不毛。
そんな風に思いの外、他人に関心がないのが世間。

敵対してたのは自分だったってことに気づいてくれれば少しは変わるのか。

そういえば、何かのきっかけでほぼ今しがた知ったことがあるのですが、アスペルガーという疾患ありますよね?
これって察することができないらしいんですよ。
でも社会人って空気の読み合いとか協調性がないと冷たくされがちです。
最初は努力できても、改善が見られない。普通にできることができない。
本当に最近関心を集めるようになっただけで、それこそ理解する気もないという風に言われてしまうのもわかります。そもそも知らない人達もいますし。
ただ、それでも結局人間は同じ立場にたたなきゃわからないんです。
お互い様ーな世界で生きてくために、二人三脚でやっていこうとしてるのですから、老害なんて言われて壁作られて。どうしようっていうんでしょう?

それにしても、皮肉も冗談も理解できないというのは辛いですね。
健常者でも、社会勉強しなければ備わらないことですが、こういう疾患があればいつまでも理解できないってことなんでしょう?
言うほど冷たくないし、悪くない。悪態は全て悪いことじゃない。個々の能力や性格その他をみて、発言しているのであって悪気なんてさらさらありません。
生きてく術として本領発揮するために、省略して、楽にこなしてく、そうしないといつか疲れてしまうから。きっと、そういう自分のペースを作れないのかなと思いました。
もっともっと働きやすい環境を作りたい。
自分達の輪で繋がってるだけじゃ何も進展しないですから、それこそそれらしい『悪態』を健常者についてほしいですね。

現実を知って、適応するため利用するもん利用して。
できる人にしがみついて、こっそり歩いて振り向いたら、ぱっと手離して口笛吹いて見せろって話なんですよ。何も卑怯じゃないですからね?
強かなだけです。
ずるく賢く、欠点を理解した上で生きてく術を覚えてく。その途中で一番自分にとってストレスを感じない選択をすればいい。指摘される事が前提のしょっぱい仕事だって、最低限できることがあります。
人には自分のペースがある。
全部できなくたって良い。ただ、自分のペースでできることは全部やるべきです。
やりきった時に起こるストレスは、予め自分で想定したものだけを拾い消化していけばいい。
それが人間ができる完璧な仕事だと私は思ってます。